好きな気持ちが辛いから

恋愛感情に限らず…

誰かや何かを「好き」って思える気分、

なんであんなにハッピーなんだろ。

しあわせ物質が脳内に体内に満ち、

心がパステルカラーに彩られるような…

俗に言う「お花畑」ってヤツかしら(笑)

うきうき、どきどき、ふわふわ、

訳もなく楽しくて、意味もなく微笑んだり。

なのに、、、

「好き」な気持ちが行き場を失くして、

好きでいることが辛くなってしまったら…

自分の心を苦しみから救うために、

嫌いにならなきゃならない時も…ある。

好きなままで、いたいのに。

好きなままでは、心が痛い。

「好き」を無理に「嫌い」に変えるのって、

簡単ではないし、エネルギーもいるし、

言いようもなく…虚しい努力。

お花畑が、渇いた砂漠になった気分。

お水、ください ( p_q)

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

ブログ村☆ピアノ 人気ブログランキング

☆ A R I G A T O U ☆

見なければよかった…

見なければ良かったものを目にし…

知らなければ良かったことを知り…

気づかないほうが良い余計なことに、

たぶん私は…気づいてしまいました。

「もしかしたら・・・」と、

ただの推測でしかなかったことが、

私の中で ほぼ確信に変わりつつある。

推測の断片が集まり固まるにつれ、

心はバラバラに砕けてく。

この2週間ほどの間、

いろんな断片がチクチクと胸に刺さり、

痛くて苦しいのです。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

「知りたい」という欲求は、

場合によっては自滅的結果をまねきます。

知らずにいたほうが幸せなことも

世の中には沢山ありますから…

なのに、どうして、

こんなに知りたくなるんだろう…

知れば…もっと苦しくなるのに。

知りたくないのに、知りたいのです。

理屈では説明できない心理。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

どうすることもできない胸の痛みに、

きっと私の感情も表情も醜く歪んでる。

感情が歪むと、いろんな感覚が乱れる。

最近ピアノと感覚が合わなくなったのは、

私の歪みが原因…だとしたら…

まっすぐな気持ちでピアノを感じるために

自分を抑えなければならないのだけど、

そんな簡単に抑えられるくらいなら、

そもそも苦しんだりしないわけで…

本当に…私はどうすればよいのでしょう。

わかりません。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

・・・と、

これだけ自由奔放に悩んでおきながら、

自分を否定するのも何なんですが…

この切なさを私が語ることは間違ってる。

苦しいと感じることも間違ってる。

どう転んでも、悩める立場じゃないし。

まだ推測の可能性も残っているけれど、

それを確かめられる立場でもありません。

だって私は □□□ だから。

もんじの声 ★「ろろろ」て何でんねん?★

カタカナの「ろ」じゃないよ(笑)

=空欄のマスだよ (*^-^*)

□□□に入れたい言葉は複数あるので…

適当に推測してください。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

なんで、あんなモノ見ちゃったのかな…

思い出すと、ピアノ弾く気が失せる。

ピアノの前に座るだけで気持ちが乱れる。

あんなに好きだったピアノが、、、

嫌いになりそう。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

ブログ村☆ピアノ 人気ブログランキング

☆ A R I G A T O U ☆

怖いメール

▲caution!閲覧ご注意▲

写真がホラーで、ちょっと怖いです。

肝っ玉の小さい方は自己責任でどうぞ。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

前回の話≫「夫が家を出てゆきました」

そんなこんなで、留守番 6日目。

ひとりで過ごす静かで暗い山の夜は怖い。

そんな恐怖感が更なる恐怖を欲したのか、

ポツンとひとりで呑んでたら退屈になり…

貞子をやってみたくなったので、

やってみた(笑)

貞子

で、せっかくなので、

飼い主様にメールで写真送りつけてやった。

「はやく帰ってきてください」 と書いて。

もんじの声 ★脅したんでっか?★

脅したんじゃないよ、お願いしただけよ。

(*^-^*)

明日、予定通り帰ってきてくれるかしら?

怖がって帰ってこなかったら…笑う。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

前回の写真と並べたら、怖さ倍増~♪

障子と手 貞子

もんじの声 ★#貞子とデートなう★

に 使っていいよ(笑)

使う人いないと思いますけど (^-^;

※貞子=ホラー「リング」に登場するキャラ

*~***~* 関連エピソード *~***~*

≫≫ 「夫が家を出てゆきました」

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

ブログ村☆ピアノ 人気ブログランキング

☆ A R I G A T O U ☆

夫が家を出てゆきました

実年齢 50手前、体力年齢 70代。

けれど精神年齢が幼稚だからでしょうか…

それとも根がお調子者だからでしょうか…

こういうこと(↓)をして遊ぶのが好きです。

恐怖の手
〔撮影:飼い主様 / 手:わたくし〕

破れた障子を見てたら遊び心がムズムズ、

ホラーな光景を演じてみたくなり…

飼い主様をビビらせてやりました。

突如、障子から伸びる不気味な女の手に、

ひぃっ彡

と短くうめき、腰を抜かした 飼い主様。

予想以上に本気で怖がるリアクションに、

仕掛けた私は…ウケる(笑)

えへへ、大成功~~~♪イエィ♪

軽いイタズラのつもりだったのですけど、

悪ふざけが少々過ぎたようで…

飼い主様は実家へ逃げ帰ってしまいました。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

逃げ帰った…というのは冗談ですが、

飼い主様は実家の事情により帰省中。

ひとりきりの開放感は うれしいけれど、

喜びより恐怖心が勝ってしまいます。

この時期、ひとりで留守番するのが怖くて…

夜、よく出るんですよね、アレたちが…

静まりかえった薄暗い廊下や壁を

足音もなく…這い回る…アレたち。

ほんと~~~に怖いのです、

ゴムのオモチャみたいな蜘蛛やムカデ。

ひとりの夜に奴らが出てくるくらいなら、

障子から手が出てくれた方が怖くないわ。

手でも足でも何本でも、カモン♪

もんじの声 ★クモの足もムカデの足も★

もんじの声 ★カモンベイベー でっせ★

も~~ キモい勧誘やめてよ~~~

本気で怖いんだから (^-^;

飼い主様の帰宅まで、あと 五夜。

どうか どうか どうか、

幽霊の手より恐ろしい蜘蛛やムカデが

私の視界に現れませんように。

くわばら~ くわばら~

※ 「くわばら くわばら」

= 災いなどを避けたい時に唱える言葉

*~***~* 後日談 *~***~*

≫≫ 「怖いメール送ってみた」

*~***~* 関連エピソード *~***~*

≫≫ 「おばけオクラ」

≫≫ 「留守を狙う怖い奴」

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

ブログ村☆ピアノ 人気ブログランキング

☆ A R I G A T O U ☆

失恋

9月ですね (*^-^*)

いつも読んでくれてる良い子のみんな(笑)

ちゃんと夏休みの宿題はできたかな?

日本では夏ボケ残ってる感がありますけど、

外国の学校は9月入学が多いんでしたっけ?

もんじの声 ★だから何でんねん?★

もんじの声 ★今日の話に関係あるんでっか?★

ん?ぜんぜん関係ない(笑)

もんじの声 ★ほな、はよ本題に入りなはれ★

前回の話からの流れなので、

よろしければ前回の話も併せてどうぞ。

前話 モチベーションに火をつけて

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

まだまだ残暑はつづきますが…暦は秋。

夏の終わりとともに、恋も終わりました。

失恋…っぽい ( p_q)

ズルズルだらだらスランプに陥ってる間に、

ピアノにフラれてしまったみたいです。

言葉では説明しにくいのだけど、

ピアノと私、ふたりの波長が合わなくて、

何かがチグハグで、ひとつになれない。

弾いてても心も体もピアノと交われなくて…

「そんな弾き方されたくないよ」 と、

ピアノに私のプレイを拒絶されてるような…

ピアノが私から離れたがっているような…

ピアノは私を弾き手として求めてなくて、

もしかしたら…このピアノは

私じゃなくて別の人に弾かれたいのかな?

そんな気がして…せつないのです。

ピアノ

こんなこと真顔で言うと笑われそうですが、

このピアノに私は恋をしています。

いちおう私は人妻だから…道ならぬ恋(笑)

下手は下手なりに自分なりに

思い描く音色を鳴らすことができていたし、

まるで自分の体が鳴っているような

ピアノとの一体感が震えるほど心地よくて…

このピアノとはフィーリングが合うのかな~

って、出会えた運命に感謝してました。

だけど今は、そんな一体感は感じない。

恋心なんて、私の幻想だったのかも。

もとより・・・

私の弾くピアノは遊びのようなもので、

習い事や「学ぶ」という意識がないので、

今までレッスンを受けたことは一度もなく、

"独学" と呼べるほどストイックでもなく、

モチベーションもコンスタントに保てない。

ピアノに対する考え方が薄っぺらな私には、

音にこだわる資格も、ピアノを語る資格も、

「ピアノが好き」とか言える資格すら

無いのかもしれません、他人から見れば。

そのくせ・・・

猛練習でピアノを酷使してるわけでもないのに

メンテナンスだけは分不相応に一生懸命で、

例えるなら、汚れてもいない洋服を

繁々とクリーニングに出してるようなもの。

無駄遣いですよね、他人から見れば。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

もっと真摯な態度でピアノに取り組み、

もっと長時間 "真面目に練習" に励み、

ピカピカの鍵盤が傷むくらい弾き込めば、

ピアノは私を受け入れてくれるんだろうか…

私を弾き手として認めてくれるんだろうか…

ピアノに問いかけても、答えてくれない。

自分に問いかけても、わからない。

ピアノと気持ちが通わないなんて…

思い描く音色が鳴らせないなんて…

無邪気にピアノを楽しめないなんて…

もう 私はダメなのかな? (*^-^*)

だけど、、、

フラれても好きです、、このピアノが。

あの震えるほどの一体感が、、恋しい。

**~* ピアノの写真集 *~**

≫ Photo Index【ピアノ】

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

ブログ村☆ピアノ 人気ブログランキング

☆ A R I G A T O U ☆