こんばんは★

最新記事

カテゴリー

年度別 & 月別

Thank you ⌒★

連絡先(メールフォーム)

お名前:
あなた様のメールアドレス:
件名:
本文:

ありがとうございます。
4~5日しても返信のメールが届かない場合は、お手数ですが再度ご連絡ください。

2004年10月31日  02時00分

Photo Index【物/酒/食/私】

《2017. 8. 6 更新》

★掲載中の【物/酒/食/私の写真】一覧★

写真下のタイトルは掲載記事にリンクしてます。

今夜だけでも
せめて今夜.. #235
今夜だけでも
今夜だけでも
今夜だけでも
せめて今夜..#235
かぎりなく強欲
かぎりなく強欲 #005
木魚
ぽくぽく木魚 #014
木魚
木魚
ぽくぽく♪木魚
抱擁 #300
花の色は
花の色は移りにけりな… #212
ノスタルジー
身勝手なノスタルジ #273
ノスタルジー
身勝手なノスタルジ
感情を
感情を動かしたい #308
すみれ色
すみれ色でコーディネート #338
あした元気
あした元気に #340
大切な理由 #343
夢は見ないと
夢は見ないと..#364
赤く染めて
赤く染めて… #378
やっぱり見た目
やっぱり見た目 #438

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

おばけオクラ
おばけオクラ#012
習慣
習慣 #263
クセ毛
たまに巻き髪風なクセ毛 #286
お礼参り
お礼参りと..#361
優しい想い出
優しい想い出#370
NewYear
NewYear♪ #391
心がマッチョな人
心マッチョ..#405
ひとり遊び
ひとり遊び #430
ひとり遊び
ひとり遊び #430
ひとり遊びよ
ひとり遊び #430
秘密にしたい場所
秘密にしたい場所 #436
可愛いピアノ
可愛いピアノ #447

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

妖しいピアノ部屋
妖しいピ部屋 #047
四十路女のひとり酒
四十路女のひとり酒 #063
月花の酒
月花の酒と... #196
ピスタチオ
ひとり寂しくピスタチオ #086
言葉なんていらない
言葉なんていらない #198
ピアノ
「ピアノ」買... #307
サザエ
サザエで... #136
うなぎ
失敗したけど #177
いりこ味噌汁
いりこ味噌汁 #242

↑ページTOP↑

関連記事
2004年10月31日  04時00分

Photo Index【風景/動物】

《2017. 8. 6 更新》

★掲載中の【風景/動物などの写真】一覧★

写真下のタイトルは掲載記事にリンクしてます。

追い求めるもの
追い求めるもの #331
微笑み行き
「なみだ」発... #390
空ばかり見てた
空ばかり見... #392
どうする私
どうする?私 #399
崖っぷち
崖っぷち #442
崖っぷち
崖っぷち #442
崖っぷち
崖っぷち #442
気分はブルー
気分はブルー #445
気分はブルー
気分はブルー #445

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

真夜中の欲求
真夜中の欲求 #056
まっ暗 #368
背中
カッコいい背中 #322
背中
カッコいい背中 #322
夢の余韻
夢の余韻 #413
秘密にしたい場所
秘密にしたい場所
秘密にしたい場所
秘密に... #436

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

いいわ♪
いいわ♪ #031
いいわ♪
いいわ♪ #031
雨音の記憶
雨音の記憶 #261
彼方へ
彼方へ、、、 #360
食うか食われるか
食うか食われるか #418
食うか食われるか
食うか食われるか #418
私の中の少女
私の中の少女 #427
崖っぷち
崖っぷち #442
無関心
無関心 #448

↑ページTOP↑

関連記事
2013年07月31日  01時30分

真夜中の欲求

深夜1時・・・。

なのに今、すごく、ピアノが弾きたい。

今夜に限らず、静まりかえった深夜、ひとりで呑んでいると、

ピアノが弾きたくて弾きたくて、たまらなくなる時がある。

農村のメリットで、ご近所様とは距離があるとはいえ、

この時間にピアノを弾く勇気なんて、さすがに無い。

夫の頭と同じで、私の心臓には毛が生えてないもの。

あ~~~ なんだか、ますます弾きたくなってきた。

森の中にポツンと佇む洋館で、お酒片手に夜通し弾いてみたいな。

そんな 「憧れ」 を肴に、もう一杯いただきましょうか・・・

夜の洋館
*** 私の家ではありませぬ・・・ 残念ながら ***

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事
2015年04月15日  18時00分

身勝手なノスタルジー

本日は内職を休んで、たまには息抜き。

ってことで・・・、USBに保存してあるファイルの整理をした。

目の疲れるパソコン作業じゃ、息抜きにならないのにね。

内職の息抜きが、パズルにブログにパソコン作業。

最近メガネの度が合わないのも、当然と言えば当然。

目の酷使、プラス老眼・・・かな? (^-^;

加齢を食い止めるつもりも逆らうつもりもないけれど、

加齢ではなく華麗に老いたいな・・・なんて。

だけど、今の私は、ただの加齢。

このまま生き甲斐も無く枯れてゆくのが、虚しくて、怖い。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

USBの中に、懐かしい古い写真を見つけた。

昔、大好きだったエルモの写真。

エルモ

まだ大阪にいた頃、前夫時代後期にUSJで撮った懐かしい写真。

たぶん・・・、十数年前かな。

近場だったこともあり、USJにはよく連れて行ってもらって、

大好きなエルモが来てからは、足繁く通ったっけ・・・。

懐かしいな・・・

エルモ

アトラクションやショーや街並み、童心にもどって楽しんで、

まるで子供みたいに、ふたりで はしゃいだっけ・・・。

懐かしいな・・・

エルモ

USJを訪れるたび、連れて帰ったエルモのぬいぐるみ。

家を出る時、置いてきちゃったから、今は手元にないけど・・・。

もんじがベロベロしていたエルモだけは今も手元にある。

だけど、こやつはUSJ産ではなく、西武百貨店産。

この際、そんなことは関係なく、懐かしい・・・

もんじとエルモ

ただ懐かしいだけで・・・、後悔しているわけじゃない。

前夫と別れたことを後悔したことは、一度もない。

それどころか、別れて良かったのだと思っている。

あれから幾年が流れ、過去の思い出となった今は、

ただただ、懐かしく・・・。

18年の間、嫌なことや苦しいことも沢山沢山あったのに、

今になって思い出すのは、なぜか、楽しかった思い出だけ。

一方的に別の人生を選んだ私に思い出を語る資格はないけれど。

でも今は・・・、「ありがとう」 という思いだけ・・・。

こういうのを、たしか、身勝手っていうのよね?(笑)

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

これから数年先、もんじがいなくなり、今の夫と別れた後も、

いつか、「ありがとう」 の思いだけが残る日が来るのだろうか。

ありえないわ。

何か残るとしたら、末代までの怨みだけよ。

と・・・今は思ってる・・・けれど・・・。

手離した後にしか分からない幸せもある、ってことで・・・。

その幸せは、手離さないと分からないのよ、きっと。

って・・・、何が言いたいのか自分でも分からなくなってきた。

まだ2杯目なのに、もう酔ってるのかしら?

うさエルモ
*** 謎の正体は、文末にて発表~ ***

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

ちっぽけなUSBに潜んでた、USJの思い出。

たった数枚の写真にノスタルジー(懐古)を呼び覚まされ、

R.クレイダーマンの 「ノスタルジー」 を想い出した。

大好きな曲で、かつて毎日、ピアノで弾いていた曲・・・。

ピアノ弾きたいな・・・

弾きたくて弾きたくて、たまらない・・・

今すぐ、ノスタルジー弾きたい気分。

だけど、もう・・・、ピアノは無いんだよね・・・。

懐かしきピアノを想い・・・、更に気分はノスタルジー

≫ 「ノスタルジー」 (⇒ YouTubeで視聴)

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

おまちかねの 正解発表~

うさエルモ

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事
2016年06月24日  19時00分

カッコいい背中

「女子」って言い方、あまり「女子 き」じゃないけれど…

本日は "女子トーク" テイストの "好トーク" を。

お題は【男性のどこに魅力を感じるか】です。

男性の「手」や「声」がお好きな女性、多そうですよね。

私も両方けっこう好きなんですが・・・

最近たまたま、魅力的な背中を目にする機会に恵まれまして、

久々に「背中」にドキッといたしました。

しばらく素敵な背中に お目にかかっていませんでしたので、

自分が背中に弱いということを すっかり忘れており。

「素敵な背中だなぁ」と最後に感じたのは30歳頃だったから、

十数年ぶりの新鮮なドキドキ感(笑)

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

背中と申しましても 形や広さではなくて・・・

何かに熱中してたり仕事中だったりの自信みなぎる背中が、

頼もしくて…めっちゃカッコいい♪ と思うのです。

(女子トークなので正直に言っちゃうと…、相手によりけり)

鬼と雉

*** 鬼さんの背中も、カッコいいョ ***

鬼の背中

後ろ姿って自分では見えなくて意識しづらい部分だから、

本性や生き様がそのまま表れてるような気がして怖くもある。

無防備で誤魔化しが効かない、人体で最も正直な部位かも。

だから好きなのかな、、、背中が (*^-^*)

カッコいい背中を見ると、ちょっとドキッとする。

いつも自信なさげに肩を丸めてるよな頼りない背中はNG

毎日そんな背中ばかり見てると、ついイラッとくる。

もんじの声 ★そのイラつくNGな背中て、誰でんねん?★

言えないわよ (^-^; いちおう妻としての立場もあるし。

もんじの声 ★言うてまんがな★

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

関連テーマ: 2016年 空の写真 風景写真 その他写真

カテゴリー:女心

2016年08月03日  23時00分

ピアノと私を結んでくれたのは…

そんなこんなで・・・

母親の郷里のあるこの県に移り住んで、6年半。

満足と後悔と不安が交錯する、寂れた山村での日々。

ここに来て良かったな…って思えるのは、

もんじのケージ(うさぎ小屋)の扉を閉めることなく、

24時間 好きな場所で自由に生活させてあげられたこと。

そして、ご近所に迷惑をかけずにピアノが弾けること。

他に何か挙げるとしたら、道路事情…ぐらいかな。

渋滞も信号も歩行者も無いからストレスフリーで走れる。

後悔や不安は書くとキリが無いので、省略ね(笑)

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

ピアノと もんじを立て続けに失ってから後、

この山村での暮らしは苦痛でしかなくなり・・・

喪失感と孤独と絶望が爆発寸前まで達した時、

何かにすがって楽になりたいと願うようになった。

そんな身も心も疲れきっていた今年1月のある日、

とある寺院に参拝したいという強い衝動に駆られ、

ピアノへの想いを祈願するため、その寺を訪れた。

今まで見たことも聞いたことも無かった、ちっぽけな寺。

突如なぜ訪れたくなったのか理由はわからないけれど、

何かに導かれるように「行かなきゃ」って思えた。

仏像

お寺からの帰り道、母親の郷里を訪ねた。

おばあちゃんに会いたくて、生死を確かめたくて、

二十数年ぶりに懐かしい思い出の地を踏んだ。

おばあちゃんは亡くなっていて、叔母が迎えてくれた。

昨年亡くなるまで、百歳を超えても元気だったらしい。

おばあちゃんの遺影…懐かしい笑顔…思い出のまま。

おばあちゃん、可愛がってくれて、ありがとう。

ずっと会いに来なくて、ごめんね。

もしかして、おばあちゃんが私を呼び寄せてくれたの?

来て良かった、、、遅すぎたけど、、、

ありがとう、おばあちゃん。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

見えない何かに導かれた参拝から間もなく、

私はフィーリングの合う素敵なピアノにめぐり逢った。

御利益、早すぎ(笑)

お賽銭を大奮発して100円玉にした成果かしら?

それとも、おばあちゃんからのプレゼント?

天国のもんじや文鳥たちが私に元気をくれたのかな?

ただの偶然とは思えないタイミングでの、めぐり逢い。

人知を超えた不思議なチカラを信じてしまいそう・・・

そのチカラと、ほんの少しの私の頑張りのおかげで、

今、ピアノが弾ける幸せを感じています。

*~***~* 関連バックナンバー *~***~*

≫≫ 「追い求めるもの」 今回の話の序章っぽい話

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事
2016年09月28日  18時30分

お礼参りと秘密の願いごと

昨日は暑かったぁ~・・けど行ってきました。

今年1月にピアノ祈願をしたお寺さんに、お礼参り。

秋の爽快な空の下で訪ねたかったのだけど、

切羽詰まった心が悠長に秋を待っていられなくて。

そう…今回の目的は…お礼参りだけではなく…

新たな「願いごと」を祈りに(笑)

あゝ神様仏様、どうか欲深い私をお許しになり、

再び私の願いを叶えてください、、、

願

誰にも言えない、秘密の願いごと。

知ってるのは、天国のもんじ&文鳥たちとピアノだけ。

願いを秘めた封筒を携え、お祈りしてきました。

いつか、、、叶うといいな、、、

もんじの声 ★草葉の陰から応援してまっせ~★

ピアノへの想いを迅速に叶えていただきながら、

早くも次の願いごとを依頼しに来るなんて・・・

図々しさに神仏も呆れておられるかもしれませんね。

仏像のお顔が、笑ってるように見えました (^-^;

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

お寺さんまでは長距離のドライブになるので、

途中のインターで降りてショッピングモールに寄り道。

久しぶりにスタバで冷たいカフェモカを調達♪

カフェモカ

降りたインターの一つ先から入ろうと思って、

不慣れな都市部を走ったら、道に迷ってタイムロス。

県内で迷子になるか?オトナが…(恥)

運転はわりと得意だけど、方向感覚が鈍すぎる。

ぐるぐるぐるぐる市内を迷走し、ようやく高速 IN。

都会の道路は疲れる~~~

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

参拝の帰り、ついでに、おばぁちゃんのお墓参り。

ついで…だなんて、うそうそ(笑)

おばぁちゃんにも「ありがとう」って言いたかった。

お線香も何も持たずに手ぶらで来ちゃったよ。

気が利かなくて、ごめんなさい。

不調法なうえに、私利私欲ばかり願う子孫(私)に、

ご先祖様は、さぞお嘆き…ですよね?

寺

願いが叶って再びピアノが弾けるようになって、

お礼参りしなくちゃ…って、ずっと気になってて。

やっと報告とお礼が言えて、清々しい気分♪

新しい願いごとはピアノと関係の深いことだから、

成就したピアノ祈願のバージョンアップってことで…

アフターサービス(笑)よろしくお願いします。

どうか私の更なる想いが成就しますように (*^-^*)

※ 草葉の陰(くさばのかげ) = あの世、お墓の中

もんじの声 ★毎度おおきに~ また来てな~★

*~***~* 関連バックナンバー *~***~*

≫≫ 「ピアノと私を結んでくれたのは」 2016年8月3日

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事
2016年10月23日  22時30分

まっ暗

雨の午後6時。

運転免許を持っていない配偶者を送迎すべく、

家の外に出ると真っ暗で、びっくりしました。

いつの間にか、こんなにも日が短くなって。

すでに、夜の しじま、、、

つい数日前までの季節外れな暑さのせいかしら、

いまだ夏のなごり消えやらぬ私の体内時計。

家にいながら時差ボケしてしまいそうです。

洋館

月あかりも 星あかりもない、雨の夜。

街灯も 民家のあかりも疎らな、山の夜。

ハイビームにしないと入る脇道さえ見えません。

本当に…真っ暗で、本当に…怖い。

なんだか自分の人生の闇を見ているように思えて、

ぶるぶると心が震えそうになる。

怖い、、、

不安で、心細くて、たまらない、、、

明かりが見たい… 人の足音が聞きたい…

誰かの声… 息づかい… 体温を感じたい…

それらの物から逃れたくて此処に来たはずなのに、

それを恋しく思うなんて、、、

こういうのを「無いものねだり」と言います。

またの名を「わがまま」(笑)

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

大阪に、帰ろうかな、、、

そんな風に本気で考えることが、最近よくある。

だけど都会を離れたいと願ったのは、私だし。

帰りたくても、帰れる場所は無いし。

それより何より、ピアノ、どうすんのよ。

カネ・コネ・ツテの無い無能な中年女が都会で一人、

ピアノ抱えて生きてゆけるほど人生甘くないよ。

大好きなピアノを手離したくないから、

まだ今は、この家での暮らしは捨てられない。

夜の闇や孤独よりも、ピアノを失うことの方が怖い。

それに・・・

この地でピアノを弾いていたい特別な想いもある。

だから・・・

真っ暗で孤独な夜が どんなに怖くて寂しくても、

大阪に帰りたいなんて、、、今は言わない。

もんじの声 ★ファイトやで~ おばやん★

もんじぃ、ありがとね、心強いわ (*^-^*)

もんじの声 ★どういたしまして、やで★

真っ暗な夜にも必ず朝は来る♪よね?

太陽のまわりを地球がクルクル回っているかぎり。

※写真の建物は奈良の仏教美術資料研究センター

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

| ホーム |


 BLOG TOP