テーマ: 「天体photo」

私の中の鬼

この数日、三日月が綺麗でした (*^-^*) 三日月の影の部分には、地球照がクッキリと♪ もう少し右上がりな三日月だったんだけど… カメラの構え方が傾いてたみたいで、 三日月が真下になっちゃった (^-^; 月が脱皮して、にゅるり と出てきたみたい。 脱げた皮は光ってる部分、にゅるりが地球照。 そんな風に見えるのは私だけでしょうか(笑) 【地球照/チキュウショウ】 月を照らす地球の光。「月あかり」の逆ですね...

ひとり…空ばかり見てた

あまりにも美しすぎた、三が日。 2017年 元旦の日の出は… 言葉にならないほどの絶景で♪ (⇒写真) そして翌、2日の宵には… ★三日月と金星の今年初のツーショット★ 月の欠けてる部分が朧げに丸く写ってるのは、 地球照〔ちきゅうしょう〕。 地球が反射した太陽光が、月を仄かに照らしてる。 ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. その翌、3日の宵の空では… ★浮気者の三日月が火星と大接近★ 前夜は金星と仲よくデー...

きっと Happy な NewYear♪

(*^-^*) あけましておめでとうございます♪ 雲ひとつない晴天で幕が下りた2016年。 2017の幕開けも好天になる予報でしたので、 もう一杯呑みたい気持ちを抑えて早めに初寝。 苦手な早起きをして、いざ、初日の出♪ めでたき朝の光を、ひとりで愛でたくて、 家人を起こさぬよう ソロ~~っと家の外へ。 白い息で凍える手を温めながら、その時を待ち… う~~~幸せ~ (//∇//) めっちゃ気持ちい...

幸せがえし

誰かを幸せにしたい喜んでほしいと思っても、 どうすれば良いのかが、わからない。 それはとても悲しいことだと、気づきました。 誰かに幸せな気持ちにしてもらった時、 私の喜びと同じくらいの嬉しい気分を、 その人にも "幸せがえし" したいのに… いつも私は「ありがとう」の言葉しか返せない。 どこにでもある、ありふれた言葉。 それでも、ありったけの素直な言葉を尽くせば、 人を幸せな気持ちにできるかもしれない...

運転手は…誰だ?

もう かれこれ11年、車の助手席に座ってない。 助手席に…というよりも、 運転席以外に乗車する機会が巡ってこない。 9年前に救急車で搬送された時を除けば(笑) いつも自分でハンドルを握って走ってる。 運転は好きなので、それはそれで楽しいのだけど、 たまには助手席でボ~っと車窓の景色に見惚れたい。 後部シートは視界が狭くて好きじゃないから、 ドライバーと眺めを共有できる助手席がいいな。 運転してる仕草や横...

あの日あなたは言ったよね?

チョコレートが好きです。 今秋の新製品の味が美しすぎて、ヘビロテ中。 「おいしい」という味覚的定番表現よりも、 「美しい」と表現したくなるような芳醇な板チョコ。 商品名は【明治 ザ・チョコレート】 自信満々そのまんま、堂々たる直球ネーミング。 カカオの香りやミルク感の違う4種類があって、 一番の私のお気に入りは、藤色のパッケージ。 香り華やかで酸味のある ミルクチョコレート。 ひと箱、余裕で...

エナジーをくれる太陽的存在

エナジー不足と体力不足を痛感している今日この頃。 そのせいでしょうか・・・最近やけに、 エナジーに満ちたアクティブな人に惹きつけられます。 自分に足りないものを無意識に求めてるのかな? 対極に くっつこうとする磁石みたい。 でも実際は、それとは逆のケースがほとんどで、 似たような[-]の気質を持つ同類を引き寄せがちに… 【類は友を呼ぶ】 シビアな現実ですね。 [+]の気を持つイキイキとした人と惹かれあう...

指が覚えてる

今年の中秋の名月は9月15日なんですね☆ まるく満ちた月も、細い三日月も、白い月も、好き。 月って、なんでこんなに綺麗なんだろう、、、 地球に生まれてきて、良かったな、、、 美しい月に見守られて、、、しあわせです☆ これから少しずつ涼しくなって、秋になり、冬になり、 冷たく澄みわたる夜空の綺麗な季節が待ち遠しくて。 ここは山の中だから、月も星も…本当に綺麗で。 夏の夜は虫が怖くて一人で外には出ら...

「露出」

撮りためた写真の整理をしていたら、 9年前に撮った魔界の如き夕焼けの写真を見つけました。 この頃ちょうど、身も心も自暴自棄になってたから、 心を支配してた魔物が写真に表れちゃったのかな? もしくは、腹黒い本性の念写でしょうか(笑) 肉眼では感じられない色彩や陰影で風景を切り取れる、 だから、写真って好きです。 動画よりも、断然、私は静止画が好き♪ 好きなくせに… カメラの使い方には疎くて (^-^;...

諸行無常

祇園精舎の鐘の声  諸行無常の響きあり   沙羅双樹の花の色  盛者必衰の理をあらわす   おごれる人も久しからず  ただ春の夜の夢のごとし   「諸行無常」 (しょぎょうむじょう) この世に、永遠に変わらないものなど無いのだという。 その通りかもしれない。 水の流れも、雲の流れも、命あるものも、ないものも、 幸せも、喜びも、大切なものも、愛しいものも、 永久不変なものなんて・・・ 何も無いの...

忘却の果てに・・・

何かを覚えるのは、努力すれば出来るけれど。 忘れるのは、案外、むずかしい。 覚えようとすれば、覚えられるけれど。 忘れようとして、忘れられるものでもない。 忘れたくても、忘れられない。 だから、人は、苦しむ。 だけど過去は、忘れ去りたい記憶ばかりでもなくて。 忘れたくない記憶・・・、忘れてはいけない記憶・・・。 時を経て色褪せ・・・、ぼんやりと霞んでしまっても・・・。 心のどこかで、ひっそりと息づ...

少し、疲れました。

自分自身に、ほんの少し・・・、疲れてきました。 自分の状態が、かなりヤバいということは、わかってる。 だけど、わかっていても、どうすることも出来ないし・・・。 「ゴクツブシ」 と夫に指を突き付けられ罵倒された日から、 普通の精神状態でいることが、出来なくて・・・。 時間が経てば気持ちも落ち着いてくるかと期待していたけど、 快方に向かうどころか、時が経つほどに悪化してる。 4ヶ月以上もの間、常に神経...

下も向いて歩こう♪

とても楽しみにしていた、昨夜の皆既月食。 なのに・・・、まさかまさかの涙の曇天。 皆既月食の神秘的な赤い月の色に合わせて、 スパークリングのロゼまで用意したってのに・・・。 肝心の月が見えなきゃ、何の意味もないよ、ガックリ。 スパークリングの泡とともに、私の楽しみも消えてゆき・・・。 予報では晴れるって言ってたのに・・・、嘘つき~。 夫の日頃の行いが悪いせいかしら・・・と、 自分の行いが悪...

四十路女のひとり酒♪

天高く馬肥ゆる秋・・・、秋の空は高く澄んで爽やかです。 今宵は中秋の名月、ときたら、もちろん月見酒♪ 秋っぽいラベルの日本酒を見つけたので、買って来ました。 すすみそうです♪ (//∇//) 呑み助の私に反し、夫は下戸なのでお酒には興味もありません。 なので、いつも私は、ひとり酒。 酒癖の悪い前夫に怯えながら呑んでいた過去を思えば、 とても幸せな 「ひとり酒」。 いつの頃からか、気楽な「ひとり酒」を愛するよ...