テーマ: 「植物photo」

希望とか、予感とか、

地元の噂を頼りに、ニアでレアな紅葉スポットへ。 紅葉とは縁の無さそな常緑樹の山を望みつつ、 半信半疑で細い山道をクネクネ走っていますと… ありました、ありました、ここですね♪ 狭い♪ショボい♪誰もいない♪三拍子揃った穴場。 美しい紅葉の盛りには、ひと足遅くて、 葉が縮れて小さくなって枯れかけてましたけど、 遠目には綺麗なグラデーションを楽しめました。 モミジの葉っぱも女性の肌も盛りを過ぎると、 ...

走りすぎてコケないでね

いよいよ師走ですね (*^-^*) 走りすぎて疲れて コケないでくださいね(笑) 走った後はクールダウンをお忘れなく。 温暖なこの辺りも、この数日は気温が下がり… 庭のモミジが一部だけ赤く染まりました⌒★ ここからは、miniブログの11月の総集編です。 〈 【viola notte★すみれ色の夜】より 〉 よろしければ暇つぶしに、どうぞ (*^-^*) 読みたくない方はスルスル~っとスクロールして、 もんじの結びの挨拶だけ読んで...

赤く染めて、、、

関東あたりでは早くも雪が降ったとか。 そんな話を聞くと、キョトンとしてしまいそうです。 こちらの地域でも朝晩は寒くなりましたので、 ホットカーペットと電気ストーブを使ってますが、 昼間の太陽の威力は、まるで南国のよう。 直射日光のあたる場所では汗ばむ日もあるし、 陽が強く射し込む車の中では冷房&半袖。 庭のモミジも、ご覧のとおり (^-^; 昨日の午前中に撮った写真… まばゆい陽を浴びて青々しち...

先入観で見えなかったもの

なんだろう、、、この違和感、、、 何かが違う気がする、、、 いつもと変わらない雑草ボーボーの庭だけど、 たしかに、何かが、違う。 そっか、、、色、、色が違うんだ、、、 茂った雑草の合間に咲いてた 白い花 たちが、 うすい紫色に…染まってる? なんで??? この花の色、私は白だと思ってました。 だって、前回の記事に載せた写真も白かったもん。 なんで~~ なんだか、狸に化かされてるみたい。 〔※近...

優しい想い出

≪ 前半の話は削除しました / 2016.11.14 ≫ ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. 翌日、ブルーな私を元気づけてくれるような、 まぶしく爽快な、ブルースカイ。 なんでもない空の青さが、すごく嬉しくて、、、 思わず、ブイ♪ イェイ♪ もんじの お耳も、ブイ♪ブイ♪ 今日、10月31日は★もんじ記念日★ 12年前、もんじと私が一緒に暮らし始めた日。 ねぇ、もんじぃ、、、 歪んだ記憶や記念日は悲しいけれど、 ...

待ってる

やっと朝晩は涼しくなってきたと思いきや・・・ また今日は汗ばむような陽気と湿気の中・・・ キンモクセイの気配が、ほのかに薫っていました。 甘い香りの可憐な花に誘われて、、、 やって来たのは、、、ハエ (笑) 花が咲いてる写真は、おととしの9月に撮ったもの。 今年は暑さが長引いたせいか、まだ咲きません。 やっと、つぼみが付いて薫り始めました♪ カメラ片手にフラリと外に出てみたけれ...

もう しょうがない、、、

暑い・・・ 今日も何度「暑い」と言っただろう。 "暑さストレス" が体中の細胞をジリジリと破壊。 身体も気力もドロドロに溶けちゃって、もうすでに無理。 一歩外に出れば、目に肌に灼けつく太陽が、痛い。 普段あまり屋外で活動しないため、日光に慣れてない私。 まるで、モグラみたい(笑) 夏のムードは好きなんだけど、身体が対応できなくて辛い。 滴るような湿気と暑さに耐えきれず、除湿冷房はフル稼働。 エアコンの...

言えない 「好き」

嫌いだけど「嫌い」と言えないことよりも 好きなのに「好き」って言えないことのほうが 苦しいんじゃないかな、、、って思う。 いたずらに齢を重ね、自分の心に嘘を重ね、 言えない想いを、ひとつ、またひとつ、重ね。 出口のない言葉が、ぐるぐる頭の中で回ってる、、、 ★おばやん… 変なもんでも喰うたんか?★ ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。....

どんな音色がお好きですか?

今弾いてるピアノの音色を、私はとても気に入っている。 初めて弾いた瞬間に「この音 好き♪」って、惚れた。 調律の魔法で更に私の耳と体に心地よく馴染む音色となり、 ますます惚れた (//∇//) このピアノとは、まだ始まったばかりなのに、 なんでだろう、、、 懐かしい、、、 ずっと昔から知っていたような、ずっと一緒にいたような、 まるで デジャヴュ[déjà-vu] のような不思議な気分。 かつて2年半の時間を共に過ごし...

女心と春の空

今年の春は、いつになく、ひとしおに春で・・・ もう永遠に春なんて廻って来ないと思っていた私にとって、 思いもよらず、とてもプレシャスな春になった。 いろんな意味で、、、 空虚な闇のように冷たく寂しく翳っていた心の窓辺に、 今は、やわらかい春の光が射している。 たのしい♪ うれしい♪ そして・・・ トキメキ♪ こんな気持ちになれたの、久しぶり。 感情が動くと、なんでこんなに気持ちが良いんだろう。 ...

もんじからの贈りもの

できましたら、前回の話と合わせてお読みください。 ≫≫ 前回の話 『ぜったいに守るからね・・・』 ・。.・⌒・。.・⌒・。.・⌒・。. 心配していた台風の雨風は思いのほか弱く、 17日の朝、ともしびのように、もんじの蓮の花が咲いた。 折しもこの日は、もんじの五七日(いつなのか/ごしちにち)。 死後に閻魔大王の裁きを受けるとされてる日だけど、 もんじはエンマ様に裁かれるような悪い事してないも...

ぜったいに守るからね

先週の水曜日、蓮の花のつぼみを見つけた。 うれしくて・・・、泣いた。 ここに移住した翌年に小さな人工池を作って植えた、蓮の花。 花が咲いたのは最初の2年だけで、昨年も一昨年も咲かなくて、 どうせ今年も咲かないんだろうな・・・って諦めてたのに。 きっと・・・、もんじが咲かせてくれたんだ♪ そう思えて・・・、うれしさと愛しさで胸がいっぱいになった。 *** 7月9日(木)の、つぼみ *** *...

諸行無常

祇園精舎の鐘の声  諸行無常の響きあり   沙羅双樹の花の色  盛者必衰の理をあらわす   おごれる人も久しからず  ただ春の夜の夢のごとし   「諸行無常」 (しょぎょうむじょう) この世に、永遠に変わらないものなど無いのだという。 その通りかもしれない。 水の流れも、雲の流れも、命あるものも、ないものも、 幸せも、喜びも、大切なものも、愛しいものも、 永久不変なものなんて・・・ 何も無いの...

ゆめ・花・ひらく

甘い香りを漂わせて、くちなしの花が咲き始めた。 濃い緑の葉を背にして咲く、まばゆいほどの花の白。 気高さを感じさせる、なんとも麗しい絶妙な配色。 *** 白と緑のコントラストが涼しげ *** 妖艶な甘い香りを、写真ではお届けできないのが残念。 昭和人間の私は、くちなしの花を見ると無意識に、 渡哲也のあの歌を口ずさんでしまう・・・。 # 今では指輪も回るほど痩せてやつれたおまえの噂 # 一度目...

心を元気にしてくれる特効薬

※ できましたら、前回の記事と合わせてお読みください。 ≫「夫在宅ストレス症候群」(前回の話) *** ***** *** 4日間の帰省を終え、夫が帰宅した。 もちろん、手ぶらで・・・。 この人は 「お土産」 という言葉をご存じないようだ。 夫は毎年お盆と1月中旬の2回、2泊3日で実家へ戻る。 夏場は巨大な蜘蛛が家の中に出るので夫に留守にされては困るが、 虫のいない1月は夫がいてもいなくても、あまり関係ない。 ...