テーマ: 「2015年」

New Year 2015

あけまして おめでとうございます。 ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。....

いりこダシの味噌汁

朝、久しぶりに、いりこダシのお味噌汁を食べた。 食品庫にある賞味期限切れの大量のダシ昆布を消費するため、 ここしばらく昆布ダシのお味噌汁ばかり食べてたのだけど、 いりこダシのお味噌汁、やっぱ美味しいわ♪ 野暮ったいのに、なぜかホ~ッとなる癒し系の味。 いりこダシを美味しく仕上げるコツは、頭と内臓を取ること。 いりこの頭と内臓を取り除く作業は、けっこう楽しいの♪ ・・・と語れば、どうってことな...

心を元気にしてくれる特効薬

4日間の帰省を終え、夫が帰宅した。 もちろん、手ぶらで・・・。 この人は 「お土産」 という言葉をご存じないようだ。 夫は毎年お盆と1月中旬の2回、2泊3日で実家へ戻る。 夏場は巨大な蜘蛛が家の中に出るので夫に留守にされては困るが、 虫のいない1月は夫がいてもいなくても、あまり関係ない。 なので昨年の暮れ、私は親切を装い、夫に提案してみた。 「今年はゆっくりご実家で年を越されたらいかがですか?」 「...

怪談? 呪われた中古ピアノ

私のピアノ・・・今ごろ何処でどうしてるのかな? 正しくは 「私のものだったピアノ」 過去形だけど。 神様…お願い…私のピアノを連れていかないで・・・ 悔しさと悲しみにむせび泣きながら弾いた最期の夜を想い出すわ。 買取業者に運び去られてから、3ヶ月。 中古ピアノとして、店頭に並んでるのかしら? それとも、もう売れちゃったかな? どんな指に弾かれて、どんな音を響かせてるんだろう・・・ 何処かの幸せなご家庭...

「今しか出来ないこと」

ピアノを失ってからの、恐ろしいほどの喪失感と虚無感。 それはピアノを失ったことへの漠然とした感情だと思っていたが、 時が経つにつれ、その根底にあるものが自覚できてきた。 私はピアノという「物体」を失ったことが悲しいのではなく、 それに伴って様々なものを失ってしまったことに絶望している。 目には見えない大切なもの、お金では買えない貴重なもの。 かけがえのない多くのものを、ピアノという物体と共に失った...

少し、疲れました。

自分自身に、ほんの少し・・・、疲れてきました。 自分の状態が、かなりヤバいということは、わかってる。 だけど、わかっていても、どうすることも出来ないし・・・。 「ゴクツブシ」 と夫に指を突き付けられ罵倒された日から、 普通の精神状態でいることが、出来なくて・・・。 時間が経てば気持ちも落ち着いてくるかと期待していたけど、 快方に向かうどころか、時が経つほどに悪化してる。 4ヶ月以上もの間、常に神経...

雨音の記憶

雨の音には、ピアノの音が、よく似合う。 そう感じるのは、私だけかもしれないけれど・・・。 雨音を耳にすると、なぜかとても、ピアノが弾きたくなる。 ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. 雨音と溶けあうように弾いた、雨の夕暮れ。 鳥たちのさえずりに微笑みながら弾いた、陽だまりの朝。 吹きすさぶ風に怯えながら弾いた、嵐の夜。 春も、夏も、秋も、冬も、 どんな朝も、どんな昼も、どんな夜も、 自然の織りなす音...

習慣

ほんの数ヶ月前まで、私は趣味でピアノを弾いていた。 その頃の習慣で、今でも少しでも爪が伸びると落ち着かなくて、 いつも爪を短く短く・・・色気もクソもなく短く削っている。 美しく手入れされて伸ばされた爪は女性らしくて美しいし、 少し爪が伸びてる方が日常生活で便利なこともあるのだけど、 ピアノを弾く時は、少しでも爪が伸びていると都合が悪かった。 爪が鍵盤にあたると弾きにくいし、カチカチ嫌な音もするし。...

忘却の果てに・・・

何かを覚えるのは、努力すれば出来るけれど。 忘れるのは、案外、むずかしい。 覚えようとすれば、覚えられるけれど。 忘れようとして、忘れられるものでもない。 忘れたくても、忘れられない。 だから、人は、苦しむ。 だけど過去は、忘れ去りたい記憶ばかりでもなくて。 忘れたくない記憶・・・、忘れてはいけない記憶・・・。 時を経て色褪せ・・・、ぼんやりと霞んでしまっても・・・。 心のどこかで、ひっそりと息づ...

身勝手なノスタルジー

本日は内職を休んで、たまには息抜き。 ってことで・・・、USBに保存してあるファイルの整理をした。 目の疲れるパソコン作業じゃ、息抜きにならないのにね。 内職の息抜きが、パズルにブログにパソコン作業。 最近メガネの度が合わないのも、当然と言えば当然。 目の酷使、プラス老眼・・・かな? (^-^; 加齢を食い止めるつもりも逆らうつもりもないけれど、 加齢ではなく華麗に老いたいな・・・なんて。 だけど、今の私...

今朝の、あやまち

パソコンにてカチャカチャやっておりましたらば。 「今朝」 って入力したかったのに。 変換したら 「袈裟」 が出た。 もいちど変換してみたら 「毛さ」 って。 なんでやねん? 最もポピュラーと思われる 「今朝」 は、第3候補だった。 私のパソコン、持ち主に負けず劣らず、風変わり。 誤変換って、不意に楽しめるから、好き。 「袈裟(けさ)」 = お坊さんの衣装 ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒...

夢なら良いのに・・・

もんじ(愛兎)とふたりでエスカレーターに乗っていた時の事。 もんじは初めて乗る動く階段に興奮し、いちびって飛び跳ね、 勢い余って隣の下りのエスカレーターに落っこちてしまった。 誰もいないエスカレーターをコロコロ転がり落ちる、もんじ。 下りエスカレーターの到着部(昇降口)に引っかかり、 手毬の様にポンポンとバウンドしている、小さなもんじ。 もんじ! もんじ! もんじーーーーーーっ! 声にならない悲鳴...

空回りするモチベーション

のっぴきならない悪夢的事情でピアノを売却してから、 そろそろ半年になる。 ピアノを弾けない苦渋の時間は、重く、深く、長く。 このたった半年が、私にとっては何年にも感じられ・・・。 こうしてピアノとは無縁の空虚な時間を過ごしていても、 ピアノへの意欲は一向に萎(な)えてはくれない。 それがとても辛いところで・・・。 肝心のピアノを持っていないのに滑稽な話ではあるけれど、 弾きたい曲が今も現在進行形で...

ただし、日本限定

アメリカ合衆国って・・・ 英語表記にすると長くてめんどくさくて、舌噛みそになる。 ★ United States of America ★ 「せ~の」 で、一緒に声に出して読んでみましょうか。 いきますよ・・・、 せ~の♪ " ユナィテッステイツォヴァメ~ゥリキャッ " だけど、省略形にすると・・・ (//∇//) めっちゃ可愛い~ " U S A " うさ (笑) 残念ながら、アメリカ人には通じないと思いますが。 ちなみに・・・ 写...

ピアノが私にくれたもの

私はピアノが嫌いだ。 高級で、メンテナンスも面倒で、近所迷惑で、場所も取る。 あんな気取った楽器の、どこが魅力的なのかしら? ピアノなんか弾いて、何が楽しいのかしら? そんな風に思えたら、どんなに気持ちが楽だろう・・・。 私がどんなにピアノを好きでも、 ピアノは私の手をふり払い、私を捨てて出て行った。 ピアノも男も、似たようなものね。 いくら一方的に想ったって、手に入らないものは入らない。 子供の...

たまに巻き髪風♪なクセ毛

乾燥した暑さが続いているという話を耳にしますが、 ここは山の中だからなのか、平年並みに湿っており・・・。 湿気の多い日は髪がまとまらなくて、い゛~~~ってなります。 クセ毛って、ほんと嫌だな・・・って、つくづくウンザリ。 小学生頃まではサラサラ素直なストレートだったのに、 なんでクセ毛になっちゃったんだろう・・・。 ゆがんだ私の性格が、髪の毛に表れたのかしら? ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. ...

最後の悲しみ

16日の午後、もんじが骨になった。 私が自らの手で点火した炎で、もんじは骨になった。 近い将来、必ずこの日が来るのだと覚悟はしていたけれど、 まさか、それが、今来るとは・・・。 あんなにも若々しくて、あんなにも元気だったもんじ・・・。 こんなにも早く、こんなにも突然、別れが来るなんて・・・。 神様は、なんでこんなに私に意地悪をするのか。 このたった半年余りの短い期間で私は、 夫への信頼を失...

空蝉(ぬけがら)

ねぇ、もんじ・・・、覚えてる? 5年前、幸せを求めてこの山村に移住したばかりの頃。 真夜中にケージの連結部の狭い隙間から大脱走を企てて、 タッタカタッタカ軽快なスキップで出てきて笑わせてくれたよね。 あの脱出劇を機に、ケージの扉は開けっ放しになったんだよ。 放し飼いのもんじと、ひきこもりの私は、いっつも一緒で、 もんじと離れるのは、週に1~2度買い出しに行く時だけで。 そんなわずかな時間でも、もん...

もんじが亡くなって、門限が無くなった。 今までは、寂しがり屋のもんじに不安な思いをさせたくなくて、 もんじの昼寝中に外出して帰宅するのが定例だったけど、 帰りを待っててくれるもんじは・・・もう、いないから・・・。 そのかわり今は、何処へ行くにも、もんじと一緒。 もんじの骨をバッグに忍ばせて、一緒にお出かけをする。 ペットの遺骨を持ち歩いてるなんて、気持ち悪いですか? 気持ち悪いって思われても、別に...

もんじへ… 【最期の記録】

ねぇ、もんじ・・・ もんじは私のこと、いっぱいいっぱい、幸せにしてくれたけど、 その半分でも、私はもんじを幸せにしてあげられたのかな? ねぇ、もんじ・・・ もんじは孤独な私を、いつもいつも、支えてくれたのに、 大好きなもんじに、私は何もしてあげられへんかった。 もんじ・・・ ごめんね・・・ 大切なもんじに2日間も辛い思いをさせてしまって。 私の判断ミスでもんじを苦しめたのかもしれない・・・って。 ...