テーマ: 「2017年」

1年4ヶ月のラブソング

2017年も残りわずかですね (*^-^*) 気持ちいい状態のピアノで年を越したくて、 先日、調律師さんに来てもらいました。 調律はピアノのエステみたいなもの。 私はエステとか行った経験ないのだけど、 ピアノには良い施術をうけさせてあげたい。 愛しいピアノへ Xmasプレゼント★ 自分に合った弾き心地にしてもらえると、 ピアノ弾くのが一段と楽しくなる。 きっと、ピアノも喜んでくれてる…はず。 今回、調律中に...

もう、逃げられにゃい

夕暮れ時、岬へと車を走らせていると、 車道脇の空き地にニャンコの群れを発見♪ ほぼ等間隔に9匹の猫が鎮座してる。 キミたち、そこでにゃにしてんのかにゃ? 写真撮らせてもらっても良いかにゃ? 車から降りてカメラを向けても並んだまま 逃げる気配がない…どころか… 一斉に ジロリと こっち見てるよ (^-^; もしかして私…にらまれて…るよね?(笑) お邪魔して、ごめんにゃさいね~ ★ええ歳して「にゃ」とか...

遠ざかる

ほんとは もっと 近づきたいのに 近づこうとすると ピントがズレて 視界がゆがんで 近づけないよ このまま ひとりよがりに近づいたら きっと転んで 傷つくだけだから あえて目を閉じ 遠ざかる もしも 運命があるのなら 一筋の光の糸が いつか導いてくれるはず ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. ☆ A R I G A T O U ☆...

本音を言うと、、怖い

夏の終わりの出来事で気落ちして以来、 ずるずると体調が思わしくなく。 回復の兆し…どころか嬉しくないことに、 肉体の老化が加速してる気がします。 あの出来事が原因かどうかわからないけど、 体調を崩した時期と重なるので、 引き金にはなってるのかな~・・と。 昨年の春に再開したピアノと一緒に 私の心に色彩を与えてくれてたもの、 それを失くした心は今、モノクローム。 ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. ...

夜の女王

世間では3連休でしたね。 人間で混雑する場所は苦手だけれど、 土日祝は高速道路の料金が3割引だし、 いい天気だし、ドライブGO♪GO♪ 遠方の街まで1日がかりの物資の調達。 カラオケも済ませ(笑)帰る頃には夜。 都会には及ばないけど、街は明るい。 山暮らしの私には、まばゆいくらい。 電力、もったいないね~(笑) なんて思ってしまうアンチ都会派な私にも、 光る夜景に心奪われた時代はありました。 でも今は人工的に...

でも…気づいてほしい

一年半前、ピアノを再開したのを機に、 閉じていた このブログも再び書き始め、 その時にブログの名前を新しくしました。 【すみれ色の音 *violet note*】 遊び心を忍ばせたネーミングで、 自分では気に入ってるんですけど… 訪問者さんが読むのは内容(話)だから、 ブログ名に洒落っ気を織り交ぜても、 気づいてもらえる確率は少なそう。 このブログ名の秘めた言葉遊び、 気づいてくださってる人…います? いません...

完成度と満足度

涼しくなったなぁ~と秋を感じていたら、 夏のような暑さ舞い戻り汗が流れ、 また今日からは冷たい雨がつづくみたい… 気まぐれな気候に調子狂わされて、 ピアノの音も私も、うにゃうにゃしてます。 しばらくピアノのこと書いてなかったから、 今夜はピアノの話をしようかな (*^-^*) ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. 昨夏から1年以上も練習してるのに、 まだ満足に弾けない曲があります。 私はピアノ教室に通っていな...

私らしい…

海に沈みゆく太陽。 皆、黄昏色の時間に見惚れてる。 こんなにも綺麗な夕日に染まる海を、 天候が良ければ毎日でも眺められる。 ここの県民になれて良かったなぁ… と…夕日に関しては…素直に思える。 太陽を見つづけると瞳が疲れる。 少し休めたくなり、夕日に背を向け、 あてもなく周囲を眺めていたら… 素敵な窓を、みっけ♪ ブラインドを下ろした窓のガラスに 鮮やかに夕景が映り込んでる。 まるで、...

旅立ち

飛行機を見たくなったので、 買い物帰りに空港に寄り道 (*^-^*) 飛行機、乗るのも見るのも、好き。 できるなら、自分で操縦したいくらい。 離陸する前のランが、たまらなく好きで。 あの疾走感♥ 興奮します (//∇//) ランウェイの直線を、走る♪ 走る♪ 走る♪ 走る♪ オレンジ色の西の空に向かって… テイク オフ♪ 高く… 高く… 高く… 滑走路の滲む灯りに見送られ… ...

おなかの悩み+漢方薬

時々、おなかの調子が悪くなります。 8年ほど前から徐々に食が細くなったので、 食べ過ぎるってことはないし、 食あたりっぽくもないし、 特に病気ではない…と思いたいし。 原因は、きっと・・・ 女性特有のサイクルの影響だったり、 冷えや胃下垂や消化不良だったり、 ストレスや神経性だったり、 年齢的に更年期も関係してるのかな。 調子崩しても普段は長びかないのだけど、 今回はどうしたことでしょう…しつこくて...

好きな気持ちが辛いから

恋愛感情に限らず… 誰かや何かを「好き」って思える気分、 なんであんなにハッピーなんだろ。 しあわせ物質が脳内に体内に満ち、 心がパステルカラーに彩られるような… 俗に言う「お花畑」ってヤツかしら(笑) うきうき、どきどき、ふわふわ、 訳もなく楽しくて、意味もなく微笑んだり。 なのに、、、 「好き」な気持ちが行き場を失くして、 好きでいることが辛くなってしまったら… 自分の心を苦しみから救うために、 ...

ホラーな、ひとり遊び

▲caution!閲覧ご注意▲ 写真がホラーで、ちょっと怖いです。 肝っ玉の小さい方は自己責任でどうぞ。 ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. 前回の話≫「夫が家を出てゆきました」 そんなこんなで、留守番 6日目。 ひとりで過ごす静かで暗い山の夜は怖い。 そんな恐怖感が更なる恐怖を欲したのか、 ポツンとひとりで呑んでたら退屈になり… 貞子をやってみたくなったので、 やってみた(笑) で、せっかくなので...

夫が家を出てゆきました

実年齢 50手前、体力年齢 70代。 けれど精神年齢が幼稚だからでしょうか… それとも根がお調子者だからでしょうか… こういうこと(↓)をして遊ぶのが好きです。 〔撮影:飼い主様 / 手:わたくし〕 破れた障子を見てたら遊び心がムズムズ、 ホラーな光景を演じてみたくなり… 飼い主様をビビらせてやりました。 突如、障子から伸びる不気味な女の手に、 ひぃっ彡 と短くうめき、腰を抜かした 飼い主様。 予想以上...

失恋

9月ですね (*^-^*) いつも読んでくれてる良い子のみんな(笑) ちゃんと夏休みの宿題はできたかな? 日本では夏ボケ残ってる感がありますけど、 外国の学校は9月入学が多いんでしたっけ? ★だから何でんねん?★ ★今日の話に関係あるんでっか?★ ん?ぜんぜん関係ない(笑) ★ほな、はよ本題に入りなはれ★ 前回の話からの流れなので、 よろしければ前回の話も併せてどうぞ。 前話≫ モチベーションに火をつけ...

モチベーションに火をつけて

以前よりピアノが下手になった気がする。 加えて、モチベーションが激しくダウン。 下手になってく理由は心当たりがある。 暑さやら更年期やら何やらで毎日だるくて、 ピアノを弾く時間が激減したせいだと思う。 2~3日も弾かない日がつづいたり、 弾いても気力・体力・集中力が保てなくて、 30分くらいで、ハイおしまい。 そんなじゃ上達するわけないよね。 モチベーションの低下の原因は・・・ う~~ん (^-^; よくわ...

色つきの女でいたいけど

今も好きなのですが・・・ 若い頃は黒 [black] が好きで、 服なんかもモノトーンを好んで着ました。 そんな私も、まもなく50歳。 自分が色褪せてきたせいでしょうか… 黒やグレーや、特にベージュ系の服が 似合わなくなったような気がします。 なんていうか…何かが足りない感じで、 まんま地味にオバサンっぽくなる(笑) ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. その昔、こんな歌がありましたよね… 「色つきの女でいてくれよ...

小さな祈り

空をとぶのは 風と 鳥と 旅人と 海をゆくのは 波と 魚と 旅人と 降りそそぐのは 雨と 雪と 太陽と それが当たり前の世界であってほしい 今日も 鳥の舞う空でありますように 明日も 魚の泳ぐ海でありますように 花の朝が 月の夜が めぐり来ますように 花をみて 優しい気持ちになれるような 風にふれて そっと瞼を閉じれるような 争いのない おだやかな一日一日が 当たり前の世界になりますよ...

無関心

好きな人から興味をもたれないのは 嫌われるよりも 虚しいかもしれない 無関心じゃ 嫌われることもできないよ どうすれば 私を見てくれる? どうすれば 興味を抱いてくれる? 嫌われる価値さえ 私には無いのかな? 私は ただの石ころ 特別な石になりたいけど なれそにない 興味を惹きつける石に 嫉妬する 自分の魅力の無さに 憂い 測ることのできない心に 惑い 苛立ち 言い知れぬ虚しさに 崩れそうに...

崖っぷち

なんとなく崖っぷちに立ちたくなって、 買い物の帰りに近くの岬へ車を走らせた。 前日の台風で枝葉が散乱した山道、 雷ゴロゴロ激しい雨、行き交う車もない。 岬に辿りつく頃には運よく雨があがり、 車を降りると雲間から陽がさしていて… キャー♪めっちゃ感動~ (//∇//) 海面から虹が出てる~~~ こんなの初めて見る♪まるで、、楽園。 美しい、、けれど、朧な幻のよう。 儚く空と海に溶けて消えゆく七色の光。 ...

上でもなく下でもなく

都合よく矛盾したことを言う大人は多い。 少なくとも、私の母親はそうだった。 努力が足りないマイペースな娘(私)に 『もっと上を見て頑張りなさい』 そう言った舌の根も乾かぬうちに、 貧乏ゆえに中流家庭の生活に憧れる娘に 『上ばかり見て比べるな』 上を見ろ?見るな?見ろ?見るな? 目ぇ回るっちゅうねん (◎_◎;) 大人たちの「ご都合」に振り回されながら、 今じゃ私も都合よく矛盾した大人になった。 人の世なん...