Category: 「私的感情」

どうでもよくないよ

花屋に並ぶ お育ちの良い花よりも、 丁寧に手入れされた花壇の花よりも、 雑草にまぎれて咲く野の花が好きです。 自由で素朴な美しさとプライドと生命力に 私は興味をひかれます。 最近なんとなく、心の波が穏やかだ。 苦悩の原因になっていた「興味」が 薄れてきたからだと思う。 好意的な感情を含む興味は 人生を楽しくしてくれる要素だけど、 反作用的に苦悩を生むこともあって… たとえばピアノや恋なんかで...

第一印象、悪すぎだぜぃ♪

【馬には乗ってみよ人には添うてみよ】 実際に付き合ってみなければ 人間の本質はわからないもので… 互いのことを知るにつれ良くも悪くも 第一印象とは真逆の感情が生じることも。 たとえば悪いケースだと・・・ 素敵な馬だと過信して乗ってみたら、 ズッコケて落馬したわ(痛) みたいな 残念な結果も…たまにはあるよね。 好印象がボロボロと崩れてゆく このガッカリ感ときたら、、、 第一印象が良ければ良いほど落差は...

不機嫌な真実

真実を確かめて悪い答えが返ってきて ガッツリ気落ちして100%希望を失うか… あやふやに心乱れる想像をめぐらせて モヤモヤしたまま希望の欠片を残すか… 実際、確かめることは出来ないから 迷う余地ってないのだけど… どっちも やだな (*^-^*) どうか どうか ただの悪い想像でありますように 私の想像が間違っていますように だけど ひとつ またひとつと 不機嫌な真実の因子を見つけてしまう お願い 密か...

あの頃を探して…

「あの頃に帰りたい」 なんで、そんな風に思うのかな… 帰りたい「あの頃」なんて私には無いのに。 だけど私は帰りたいのです、あの頃に。 帰りたい? 本当は「帰りたい」のではなくて、 「今」から逃げたいだけなのかもしれない。 いつも私は「あの頃」に逃げたくて… だけど「あの頃」が見つからなくて… 迷子の心は行くあてもなく…ぐるぐると、 今日も何処かの空を飛んでる。 ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒...

ちょっぴり失礼な親切

桜、、毎年ながら綺麗ですね (*^-^*) この辺りでは早くも散っちゃったけど、 そろそろ満開のところも多いのでしょうか? つらいつらい花粉がいっぱい飛んでますし、 年度始めでお忙しい方も多いと思いますが… 桜の景色♥たのしんでくださいね。 青い空に 桜を仰ぐと、、ほら、 桜のむこうに 朧な白い月が♪ 桜の季節になると時々思い出すことがある。 そう、、あれは今から四半世紀ほど昔。 和歌山...

幻想

春は きっと夢のようなもので みえているのは現実じゃなく 幻想 それでいい 夢に無粋なリアリズムは いらない 人のみる夢は 儚い と書くけれど 夢は希望 よろこび 刺激 エナジー 花が色づき 風が歌い 胸が高鳴り 微笑みながら 春にまどろむ ただの幻想でも かまわないから このまま 夢をみさせて ** 雑草の中でみつけた小さな花 ① ** ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。....

遠ざかる

ほんとは もっと 近づきたいのに 近づこうとすると ピントがズレて 視界がゆがんで 近づけないよ このまま ひとりよがりに近づいたら きっと転んで 傷つくだけだから あえて目を閉じ 遠ざかる もしも 運命があるのなら 一筋の光の糸が いつか導いてくれるはず ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. ☆ A R I G A T O U ☆...

本音を言うと、、怖い

夏の終わりの出来事で気落ちして以来、 ずるずると体調が思わしくなく。 回復の兆し…どころか嬉しくないことに、 肉体の老化が加速してる気がします。 あの出来事が原因かどうかわからないけど、 体調を崩した時期と重なるので、 引き金にはなってるのかな~・・と。 昨年の春に再開したピアノと一緒に 私の心に色彩を与えてくれてたもの、 それを失くした心は今、モノクローム。 ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. ...

好きな気持ちが辛いから

恋愛感情に限らず… 誰かや何かを「好き」って思える気分、 なんであんなにハッピーなんだろ。 しあわせ物質が脳内に体内に満ち、 心がパステルカラーに彩られるような… 俗に言う「お花畑」ってヤツかしら(笑) うきうき、どきどき、ふわふわ、 訳もなく楽しくて、意味もなく微笑んだり。 なのに、、、 「好き」な気持ちが行き場を失くして、 好きでいることが辛くなってしまったら… 自分の心を苦しみから救うために、 ...

見なければよかった…

見なければ良かったものを目にし… 知らなければ良かったことを知り… 気づかないほうが良い余計なことに、 たぶん私は…気づいてしまいました。 「もしかしたら・・・」と、 ただの推測でしかなかったことが、 私の中で ほぼ確信に変わりつつある。 推測の断片が集まり固まるにつれ、 心はバラバラに砕けてく。 この2週間ほどの間、 いろんな断片がチクチクと胸に刺さり、 痛くて苦しいのです。 ・。.♪⌒・。.♪⌒・。...

色つきの女でいたいけど

今も好きなのですが・・・ 若い頃は黒 [black] が好きで、 服なんかもモノトーンを好んで着ました。 そんな私も、まもなく50歳。 自分が色褪せてきたせいでしょうか… 黒やグレーや、特にベージュ系の服が 似合わなくなったような気がします。 なんていうか…何かが足りない感じで、 まんま地味にオバサンっぽくなる(笑) ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. その昔、こんな歌がありましたよね… 「色つきの女でいてくれよ...

無関心

好きな人から興味をもたれないのは 嫌われるよりも 虚しいかもしれない 無関心じゃ 嫌われることもできないよ どうすれば 私を見てくれる? どうすれば 興味を抱いてくれる? 嫌われる価値さえ 私には無いのかな? 私は ただの石ころ 特別な石になりたいけど なれそにない 興味を惹きつける石に 嫉妬する 自分の魅力の無さに 憂い 測ることのできない心に 惑い 苛立ち 言い知れぬ虚しさに 崩れそうに...

強がり

素直に頼れる相手がいないから、、 もたれる背中が無いから、、 強がってるだけだ 子供の頃も、、、そして今も、、、 ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. ☆ A R I G A T O U ☆...

私の中の少女

また私の中で少女が泣いてる。 ひとり流れの中で誰かを探してる。 *・。.*・。.* 誰か私を見つけて 私を見て しっかり手をつないで私の傍にいて やさしい手で 頬を髪を撫でて 強く静かに私を抱きしめて 10分でも ほんの5分でもいいから あたたかい腕にもたれて目をつむりたい ねぇどこにいるの? 私はここだよ *・。.*・。.* 少女は誰を探してるんだろう… 誰の温もりを求め彷徨ってるんだろう… 私に...

嫌な顔

今夜は飼い猫になった気分で書くので、 そのつもりで読んでニャ~ (=^・・^=) 飼い主様が、瞬間、嫌な顔をした。 いつも仮面を被った外ヅラの良い人間も、 仮面を付け替える ほんのわずかな隙に、 素顔(無意識の表情)が見えることがある。 人間の仮面の下の本心を知りたいなら、 その瞬間を見逃してはいけニャい。 ・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。. 飼い主様が 嫌な顔 をした理由は、 きっとアタシが一人で勝...

自分の貪欲さが、しんどい

ピアノがあれば他に何もいらないと願い… 願い通り再びピアノが弾けるようになり… もう何も望むつもりは無かったのに… さらに別のものを求め欲しがる私がいる。 なんで、ピアノだけじゃ足りない? 「欲しい」という気持ちは「不満」を生み。 もどかしさ、虚しさ、嫉妬、自信喪失、 そういう類の厄介なファクターが心を乱す。 どんなに頑張っても、いくらお金を積んでも、 神様に祈っても、魔法使いに頼んでも、 ...

ダメになる…けど

沈丁花が甘く咲きはじめ… ずいぶんと日も長くなり… やさしい陽射しに春が匂います。 まだ三分咲きくらい…かな? 沈丁花はつぼみの色が綺麗だから、 満開よりも、これくらいが好き。 まだまだ香りも満ちていなくて、 マスク越しだと感じにくいから… 花と鼻を密着させてクンクン吸引(笑) またひとつ、春が来て… またひとつ、願いを叶え… またひとつ、私は堕ちた… 素直に、よろこべない。 ひと...

私の中の鬼

この数日、三日月が綺麗でした (*^-^*) 三日月の影の部分には、地球照がクッキリと♪ もう少し右上がりな三日月だったんだけど… カメラの構え方が傾いてたみたいで、 三日月が真下になっちゃった (^-^; 月が脱皮して、にゅるり と出てきたみたい。 脱げた皮は光ってる部分、にゅるりが地球照。 そんな風に見えるのは私だけでしょうか(笑) 【地球照/チキュウショウ】 月を照らす地球の光。「月あかり」の逆ですね...

雪化粧

朝早く、静寂の音に目を覚ますと、 しんしんと雪。。。つもってた。 あらゆる音が、雪に吸い込まれ消えてゆく。 雪化粧。。。白くて綺麗だけど、冷たいね。 この4~5日、いろいろ冷えきってる。 指が凍えて ピアノ弾きにくい。 心が凍えて ピアノ弾きたくない。 弾きたくない…なんて、冷えすぎやね (^-^; 温まりたいです、もろもろ。 こんな夜は大好きな芋焼酎をお湯割りにして、 せめて身体だけでも温めますか♪...

3、2、1、時間よ止まれ

うれしい予定や楽しみな約束って、 指折り数えて待ってる時間の方が、きっと楽しい。 その瞬間が来て、過ぎてしまえば、 あとは何もなくなってしまうから、、、 2016年は どんな一年でしたか? (*^-^*) 私には、いろんな意味で "芽生え" の年になり… 絶望と孤独の海で迷い、涙に暮れていた年明け。 潮の流れに導かれ漂いついた、微笑みの今。 変化と希望、運命に感謝する一年でした。 2017年の私は、どんな港を旅...