2015年06月 の記事

空蝉(ぬけがら)

ねぇ、もんじ・・・、覚えてる? 5年前、幸せを求めてこの山村に移住したばかりの頃。 真夜中にケージの連結部の狭い隙間から大脱走を企てて、 タッタカタッタカ軽快なスキップで出てきて笑わせてくれたよね。 あの脱出劇を機に、ケージの扉は開けっ放しになったんだよ。 放し飼いのもんじと、ひきこもりの私は、いっつも一緒で、 もんじと離れるのは、週に1~2度買い出しに行く時だけで。 そんなわずかな時間でも、もん...

最後の悲しみ

16日の午後、もんじが骨になった。 私が自らの手で点火した炎で、もんじは骨になった。 近い将来、必ずこの日が来るのだと覚悟はしていたけれど、 まさか、それが、今来るとは・・・。 あんなにも若々しくて、あんなにも元気だったもんじ・・・。 こんなにも早く、こんなにも突然、別れが来るなんて・・・。 神様は、なんでこんなに私に意地悪をするのか。 このたった半年余りの短い期間で私は、 夫への信頼を失...

ゆめ・花・ひらく

甘い香りを漂わせて、くちなしの花が咲き始めた。 濃い緑の葉を背にして咲く、まばゆいほどの花の白。 気高さを感じさせる、なんとも麗しい絶妙な配色。 *** 白と緑のコントラストが涼しげ *** 妖艶な甘い香りを、写真ではお届けできないのが残念。 昭和人間の私は、くちなしの花を見ると無意識に、 渡哲也のあの歌を口ずさんでしまう・・・。 # 今では指輪も回るほど痩せてやつれたおまえの噂 # 一度目...