こんばんは★

最新記事

カテゴリー

年度別 & 月別

Thank you ⌒★

連絡先(メールフォーム)

お名前:
あなた様のメールアドレス:
件名:
本文:

ありがとうございます。
4~5日しても返信のメールが届かない場合は、お手数ですが再度ご連絡ください。

2016年06月08日  21時00分

どんな音色がお好きですか?

今弾いてるピアノの音色を、私はとても気に入っている。

初めて弾いた瞬間に「この音 好き♪」って、惚れた。

調律の魔法で更に私の耳と体に心地よく馴染む音色となり、

ますます惚れた (////)

このピアノとは、まだ始まったばかりなのに、

なんでだろう、、、 懐かしい、、、

ずっと昔から知っていたような、ずっと一緒にいたような、

まるで デジャヴュ[déjà-vu] のような不思議な気分。

かつて2年半の時間を共に過ごしたピアノよりも、

出逢ったばかりの このピアノの方が愛おしい。

この音色と出逢えたことに、、、感謝♪

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

素人の私には、音色を言葉で表現するのは難しい。

で、ふと考えた。 音色? 音の、色?

私の好きな音って・・・ どんな色かな・・・

イメージは すぐに浮かんだ♪ *すみれ色の音*

すみれ

まじめすぎる音色は、あまり好きじゃない。

お育ちの良いお嬢様のような従順でお行儀の良い音じゃなく、

お酒が似合う(これ重要♪笑) 色気のあるメロウな音が好き。

滑らかなベルベットのような曖昧な柔らかさ。

光と影で気まぐれに表情を変えるベルベットの光沢感。

高音部の甘美な透明さと、低音部の温もりのある翳りと憂い。

霧のベールに優しく抱かれているような、まろやかさ。

私が感じる *すみれ色の音* は、だいたいこんな感じ。

まだまだ説明し足りないけど、上手く言えない・・・

やっぱり難しいな・・・言葉で表現するのは (^-^;

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

すみれ色の音を醸せる素質を持ったピアノが目の前にある。

安心して音づくりを任せられる調律師さんもいる。

すみれ色の音のベースは用意されてる。

あとは私の弾き方しだい、そこが一番の難ポイント(笑)

私には音色をコントロールできるだけの技量が無いので、

感情がそのまま音に表れちゃうし安定感も無い。

私の気分が良い時はピアノも素敵な音で応えてくれるけど、

気分が浮かない時に弾くと、気の毒なほど残念な音になる。

このピアノ、私の感情を、まんま映し出す。

なんだか鏡みたいだな・・・って、弾いてて感じる。

相性が良い証しかな? まるで、もんじと私みたいだね。

もんじ

ピアノの音色の感じ方や好みは人それぞれ、十人十色。

あなたのお好きな音は、どんな色をしていますか?

いろいろイメージしてみるのも、楽しいですよ (*^-^*)

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

関連テーマ: 2016年 ピアノ 調律 お酒 植物写真

カテゴリー:ピアノ*2016-2017

2016年06月13日  21時30分

もんじに届け… 悲愴 第二楽章

ちっとも私は前に進めないのに、時間だけは足早に過ぎる。

最愛のもんじが亡くなって、今日で一年になる。

もんじを失った あの日の朝の光の中、私は完全に光を失い。

この一年、どうして生きてこられたのか・・・正直わからない。

だけど、こうして生きてる、あたりまえのような顔して。

自分で思ってる以上に、私は強い生き物だったらしい。

もんじ

もんじぃ♪ もんじの大好きな、すももだよ (*^-^*)

この時期いつも、ふたりで半分こして食べたよね♪

美味しかったね♪ なつかしいね♪

もんじ

ねぇ、もんじ、、、 すもも、ひとりじゃ食べきれないよ、、、

今年のすもも、、、 すっぱくて、、、 胸が詰まるよ、、、

まだ 熟れてなかったのかな、、、

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

ひとりぼっちで過ごす、もんじの一周忌。

長い長い長い人生の中で、たった一度っきりしかない、

愛しいもんじとの大切な大切な節目の日。

なのに配偶者は迷いもなく、もんじではなく、母親を選んだ。

自宅療養中の実母の元に帰ったきり、戻って来ない(笑)

長期不在中こちらの安否を気遣うメールすら来ない(悲)

ちなみに妻である私は配偶者の実家から魔物扱いされてるので、

出入禁止…お見舞いに伺うことさえ禁止されている。

明日をもしれぬ容態・・・などでは無いらしいけれど、

たとえ一日たりとも老母の傍を離れたくないのだろう。

親孝行なのは良いことだし、息子として心配なのはわかる。

けれど、今日という日に、こういう選択をされるとは・・・

思ってもみなかった、とういか、思いたくもなかった。

私の中で、何かがプツリと切れる音が聞こえた。

わずかに残っていた細い心の糸が… 完全に絶たれた瞬間。

もう、あの人に遠慮や義理を感じる必要もないだろう。

糸の切れた凧のように、私の心は自由になったんだ、、、

これから私、どこの空に飛んでゆくのかな、、、

自分の身の振り方、そろそろ真剣に考えなくちゃ…ね。

ねぇ、もんじ、、、 私、どうしたらいいと思う?

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

ごめんね、もんじ・・・ 話が脱線しちゃった。

今日はもんじの大切な一日なのにね (^-^;

くだらない弱音は日を改めてぼやくとして(笑)

もんじのために弾いてあげたかった曲、間にあって良かった♪

~* ベートーヴェンの「悲愴 第2楽章」 *~

楽譜

とりあえず今日までには最後まで弾けるようになりたくて、

この2ヶ月半、"適度に" がんばったんだよ~

調律師さんのサポートのおかげでペダルの雑音は治まったし、

気持ちの良いコンディションで弾いてあげることができて、

ほんとに良かった♪

ねぇ、ねぇ、どうだった? ちゃんと聴いてくれた?

もんじの声 ★ええ曲でんなぁ~ おおきに★

もんじの声 ★せやけど、へったクソやな~~~★

もんじの声 ★ベーやんが聴いたらコケまっせ★

ベーやんって誰よ? ベートーヴェン? ルートヴィヒのこと?

ベートーヴェン

そこまで指摘されなくても、自覚してるわよ (-_-X)

っていうか・・・ ルートヴィヒ、あんた登場しすぎ(笑)

もしかして、レギュラー狙ってる・・とか?

★もんじの命日を覚えててくれたSちゃんに心から感謝を…★

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事
2016年06月24日  19時00分

カッコいい背中

「女子」って言い方、あまり「女子 き」じゃないけれど…

本日は "女子トーク" テイストの "好トーク" を。

お題は【男性のどこに魅力を感じるか】です。

男性の「手」や「声」がお好きな女性、多そうですよね。

私も両方けっこう好きなんですが・・・

最近たまたま、魅力的な背中を目にする機会に恵まれまして、

久々に「背中」にドキッといたしました。

しばらく素敵な背中に お目にかかっていませんでしたので、

自分が背中に弱いということを すっかり忘れており。

「素敵な背中だなぁ」と最後に感じたのは30歳頃だったから、

十数年ぶりの新鮮なドキドキ感(笑)

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

背中と申しましても 形や広さではなくて・・・

何かに熱中してたり仕事中だったりの自信みなぎる背中が、

頼もしくて…めっちゃカッコいい♪ と思うのです。

(女子トークなので正直に言っちゃうと…、相手によりけり)

鬼と雉

*** 鬼さんの背中も、カッコいいョ ***

鬼の背中

後ろ姿って自分では見えなくて意識しづらい部分だから、

本性や生き様がそのまま表れてるような気がして怖くもある。

無防備で誤魔化しが効かない、人体で最も正直な部位かも。

だから好きなのかな、、、背中が (*^-^*)

カッコいい背中を見ると、ちょっとドキッとする。

いつも自信なさげに肩を丸めてるよな頼りない背中はNG

毎日そんな背中ばかり見てると、ついイラッとくる。

もんじの声 ★そのイラつくNGな背中て、誰でんねん?★

言えないわよ (^-^; いちおう妻としての立場もあるし。

もんじの声 ★言うてまんがな★

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

関連テーマ: 2016年 空の写真 風景写真 その他写真

カテゴリー:女心

2016年06月29日  17時00分

言えない 「好き」

嫌いだけど「嫌い」と言えないことよりも

好きなのに「好き」って言えないことのほうが

苦しいんじゃないかな、、、って思う。

いたずらに齢を重ね、自分の心に嘘を重ね、

言えない想いを、ひとつ、またひとつ、重ね。

出口のない言葉が、ぐるぐる頭の中で回ってる、、、

ユリ

もんじの声 ★おばやん… 変なもんでも喰うたんか?★

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

関連テーマ: 2016年 植物写真 ★自撰★

カテゴリー:女心

| ホーム |


 BLOG TOP