めんどくせ~、けど、旨い♪

近所のおっちゃんに、ピッチピチのサバをもらってしまった。

サバは私の大好物ではあるけれど・・・、

丸ごと原形のままもらうと、面倒でもある。

もらってしまったからには、自分でサバをサバくしかない。

めんどくせ~~~ (-_-X)

サバ

新鮮なサバは、やっぱ、しめサバで食べたいよね♪

想像してるだけで、早くも日本酒が呑みたくなってくる。

面倒な料理は作りたくないけど、私がやらねば誰がやる?

んなわけで、ヤケクソ気味に調理を開始。

ちゃっちゃと三枚におろし、多めの塩をふって1時間ほどしめる。

塩を洗い落として、酢に漬けて3時間ほどしめる。

しめ過ぎるとパサパサしちゃうので、生っぽさを残して仕上げたい。

しめサバ

めんどくさいのは、ここからだ。

骨抜き用のピンセットで、骨をコツコツ抜かなきゃならない。

めんどくせ~~~ (-_-X)

骨を抜いたら、薄皮をピリ~っと剥がして出来あがり♪

ちょっと小ぶりなサバだったけど、私の好きな棒寿司にしてみた。

サバ寿司

酢飯には、切昆布・ゴマ・柚子の皮・細かく切った生姜を混ぜて、

調理用バーナーで軽く炙ったものと、2種類作ってみたよ。

おいしくて、ついつい、お酒もすすんじゃう。

獲れたてのサバで作ったしめサバは、臭みも無くて本当に旨い。

地元であがった新鮮な魚をわけてもらえる幸せに、感謝せねば。

でも・・・、めんどくせ~~~ (-_-X) のです。

バーナー

炙りに使ったこのバーナー、めっちゃいいです、おすすめです♪

市販のカセットガスに取り付けるだけなので便利で簡単やし、

ちょっと炙るだけで、本格的な味になります。

一家に一本、持ってて損はないかも。

想像以上に火力が強くて、ミニチュア火炎放射器みたいなので、

防犯グッズとしても使えるかな・・なんて・・・、冗談です(笑)

調理以外の目的で使用すると、たいへん危険です。

炙るのは食品だけにしましょうね♪

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

テーマ:  2014年 お酒 田舎暮らし 食品写真