ずっと ずっと ずっと

もんじは今、湿気と換毛のダブルパンチで、お疲れ気味。

うさぎには年に2回、換毛期というのがあって、

人間の衣替えのような感じで、夏毛と冬毛が生え変わる。

体中の毛が一気に生え変わるわけですから、相当な体力を消耗。

ペロペロ体をなめて毛づくろう度に、抜けた毛を飲み込むので、

毛が胃腸にたまってしまい、うっ滞を起こす危険も・・・。

もんじの場合、なぜか、年に4回ほどの換毛期があり、

毛の抜けるペースがゆっくり目なので、長期間続くこともある。

しかも、もうすぐ10歳の高齢・・・つまり、婆うさぎ。

体力や胃腸機能の落ちてきた婆うさにとって、換毛は命がけ。

もんじ~ がんばれ~

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

一昨日あたりも、少し体調が悪そうにしていた、もんじ。

二年前の夏ごろから、時々、おなかの動きが悪くなるみたいで、

じっとうずくまった姿勢で、呼吸や脈が速くなり、食べなくなる。

うんちも小さくなるので、軽いうっ滞を起こしてるんだと思う。

念のため、かかりつけの獣医さんに定期的に薬を処方してもらい、

常備薬として冷蔵庫に保存してある。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

いつも好奇心旺盛で、イチビリで、食いしん坊の、もんじ。

年のわりには毛艶もよく、ババァとは思えないくらい元気。

それでも、若いころのように軽快なジャンプなどはしなくなり、

のんびり寝転んだり、スヤスヤ眠ってる時間が増え、

目にも白内障らしき兆候があらわれ、視力が弱くなった。

老化の足音は、確実にもんじに近づいてる。

小さな小さな子ウサギだった、かわいいもんじ。

いつのまにか、私を追い越して、お婆さんになっちゃったね。

*** 一緒に暮らし始めた頃の もんじ♪ ***
もんじ

もう、いつお別れの日が来ても不思議ではない年齢。

もんじのいなくなる日は、いつか必ずやって来る。

心の準備はできてるつもりでも、その日が来るのは怖い。

もんじのいない生活なんて、さみしくてたまらないよ・・・

*** ひだまりで お昼寝中の もんじ♪ ***
もんじ

ずっとずっとずっと、一緒に笑っていられたらいいのに。

ずっとずっとずっと、今の時間が続けばいいのに・・・。

この世に永遠に続くものなんて何ひとつ無いのだけど、

永遠に続けばいいな・・・と、願わずにはいられないのです。

愛するもんじと、いつまでもいつまでも・・・

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

テーマ:  2014年 もんじ ペットロス もんじ写真