もんじ、大阪へ

19日(水)の夜食を最後に、もんじが何も食べなくなってしまった。

元気も食欲も、まったく無く、うん●も一粒も出ない。

ウサギという動物は、常に腸を動かしていないといけないらしく、

いつも牧草をボリボリ食べ、うん●をポロポロ出している。

「快食快便」 が自慢のもんじが、食べも出しもしないなんて。

大好物のリンゴさえ、食べることができない。

時々便意をもよおすようで、きばるような素振りをするけど出ず、

腰のあたりをキューっとくびれさせ、痛みに耐えてるように見える。

今年の3月14日に似たような異変に見舞われて以来、

二度ほど同じような症状があったものの、その時は数時間で回復。

それが30時間以上もつづくなんて、きっと、ただごとじゃない。

もんじは8才の婆ウサ、いろんな覚悟が必要な年齢だもの。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

もんじの症状をインターネットで調べてみると、

何らかの原因で腸が動かなくなる 「うっ滞」 という病っぽい。

放置すると痛みにもがき苦しんで死ぬ・・・などという説明も。

もんじをそんなかわいそうな目にあわせるわけにいかない。

ど・・・ どうしよう・・・。

頼りなくオロオロするばかりの、私たち夫婦。

ねぇ、どうする?

夫と私の心の中には、同じ答えが浮かんでいたようで、

かかりつけの大阪の獣医さんのところへ連れて行くことに即決。

大阪までの長時間の移動に、この状態のもんじが耐えられるのか?

近隣でウサギを診てくれる病院を探すほうが良いのでは?

でも・・・、初めての病院で、知らない先生や看護師に診てもらうのは、

高齢で臆病なもんじにとって、きっと、とても不安で負担なはず。

初めての病院に弱ったもんじを委ねるのは、私も不安だ。

万が一のことがあった時、後悔しないためには、どうしたらいいのか。

迷いは、ほとんど無かった。

「信頼する K先生 に診てもらおう」

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

21日(金)早朝、微量のうん●をし、牧草を少しだけ食べたもんじ。

前日よりは、少しばかり元気が回復したようにも見える。

大阪までがんばってくれることを祈りつつ、午前8時、いざ出発。

運転手の私は、心配と緊張とで1時間ほどしか睡眠がとれてない。

夫は免許が無いので、私がひとりで運転しなくちゃならない。

この体調で、大阪間を往復できるだろうか・・・。

居眠り運転などして、事故をおこすことだけは避けねば。

車はワゴンタイプなので、後部シートを全部フラットにして、

もんじの臭いのする物を積み、もんじがくつろげる空間を作り、

夫は後部シートでもんじの見守り役、私は運転に専念。

道すがら、K先生に電話で事情を説明したところ、

大阪までの移動によるもんじのストレスなどを考えれば、

「もう一日ほど、このまま様子を見ても大丈夫」 と言われたけれど、

少しでも体力のあるうちに連れて行きたいという、

私たち飼い主の気持ちを理解してもらい、大阪行きを決行。

道中まめに休憩をとり、都市部では大渋滞に巻き込まれ、

K先生の待つクリニックに到着したのは、午後6時。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

こっちに引っ越してから、丸3年ぶりのK先生の診察。

もんじに優しく声をかけ、いつもどおり丁寧に診てくれたK先生。

診察の結果、とくに重篤な異状は見つからず、一安心。

高齢ということもあり、換毛や気候などの影響も考えられるそう。

2キロ超えだった体重は、少し減って、1.9kg。

体温は平熱で38.8℃、心音は鮮明で力強く、口内も異常無し。

ただ、上の歯がチビて下の歯だけが伸び、かみ合わせが悪いらしい。

のび放題だった恐ろしく長い爪も切ってもらい、スッキリ。

胃腸の働きを促す薬と抗生剤入りの点滴を背中に皮下注射してもらい、

もし、これで効果が無ければ、内服薬を後日郵送してもらうことに。

診察を終え、少し休んでから、帰路についたのが午後9時。

さすがに眠く、何度も仮眠をとったので、帰宅したのは翌午前9時。

長道中で疲れたね・・・、ごめんね、もんじ。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

診察してもらってから4日が過ぎた現在、

うん●は少量出ているものの、まだ大きさは快便時の半分くらい。

牧草を少しずつ食べ、ペレットや硬い物はあまり食べない。

でも、リンゴはいつもどおりガツガツ食べ、普通に遊んだりもする。

とくに しんどそうにも見えないので、元気になりつつあるのかな?

さっき、K先生と電話で相談した結果、今週末くらいまで様子を見て、

快復しないようなら、胃腸薬を送ってもらって服用させる予定。

もんじ

気づけば、今日はクリスマス。

ケーキを取り寄せるのを、すっかり忘れてしまってた・・・。

ケーキなんか無くても、もんじがいてくれれば、それだけでいい。

もんじが一日でも早く、元気いっぱいになりますように・・・。

***** *** この話は、三部作です *** *****

第一話 「もんじ、大阪へ」 2012年12月25日

≫ 第二話 「もんじ、大阪へ(道中編)」 12月27日

≫ 第三話 「もんじ、大阪へ(番外編)」 12月30日

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

テーマ:  2012年 もんじ もんじ写真