さよなら、そして、最期のトライ

私の分身である大切なピアノが、運び去られて逝った。

タバコのヤニ臭を強烈に漂わせた不潔な身なりの運搬業者に。

立ち合いは夫に任せ、私は別室で酒を呑んでいたのだが、

別室にまでタバコの臭いが流れ込み、気持ち悪さでクラクラした。

私が愛したピカピカのピアノが、私の想いが詰まったピアノが、

ガサツな男たちのヤニ臭い手によってドカドカと運び去られ、

まるで自分が汚されたようで、惨めで悲しくて悔しい。

慌ただしくピアノが運び出された後に残ったのは、

私の空っぽの心と、不快なタバコの臭いだけ。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

ほんとに、もう、ピアノが弾けないのね・・・。

もんじにも、もう、聴かせてあげられないのね・・・。

私の下手なピアノを気持ちよさそに聴いてくれた、もんじ・・・。

もんじの葬送の時には、ピアノを弾いてあげたかったな・・・。

けど、もう、それも、叶わないね・・・。

もんじよりも、私よりも先に、ピアノが葬送されちゃったもの。

ピアノが置いてあった場所を不思議そうに見つめる、もんじ。

もんじ・・・、私たちのピアノは、もう無いんだよ。

どんなに弾きたくても、もう、ピアノ、弾けないんだ・・・。

まだ、この現実が、信じられない、信じたくない。

悪い夢なら・・・ いいのに・・・。

さよなら、ピアノ。

さよなら、私。

ピアノとともに、私の心も、私の夢も、逝った。

ピアノ
*** 出棺前日の夜・・・ 仏具で、お通夜ムード ***

こっそり残しておいた高級ウィスキーで、惜別のヤケ酒。

12時間呑みっぱで、指が千鳥足。

*** 暗すぎて、楽譜見えない (^-^; ***
ピアノ

ピアノに対する心残りは沢山あるけれど、

一番心残りで、悔しくて悔しくて無念でたまらないのは、

練習中だった曲を仕上げることができなかったこと。

クリスマス頃には最後まで弾けるようになりたいな・・・と、

今年1月から練習していた、カッチーニの 「アヴェ・マリア」。

私には難しい楽譜だったけど、ちょっと背伸びして頑張った。

何度も挫折しかけては休息、のんきに練習していたので、

いつまでたっても一進一退、なかなか上達しなくて・・・。

こんなことになるなら、もっと急いで練習すればよかった。

いつか、自分で満足できる程度に弾けるようになったら、

もんじの写真と私のピアノでムービー作るのが夢だったのに、

結局、完成できないまま終わってしまった。

ここまで頑張ってきたので、すごく、すごく、悔しい。

楽譜

せめて、少しでもマシな演奏を録音できれば・・・と、

ピアノ搬出の当日、何度も何度も何度もトライしてみた。

しかし当然、まともな演奏は一度もできず・・・(泣)

失敗だらけで音も汚く、つっかえつっかえで聴き苦しくて、

とても公開できるような演奏ではないのだけど・・・。

もう練習できないし・・・、これ以上は上達できないから、

最期の想い出に・・・、恥を忍んで・・・、努力の証として公開。

お耳汚し・・・と言うより、「お耳ツブし」 なのですが・・・。

騒音にも値するので、ご視聴くださる方はご注意ください。

ピアノとお別れする直前に弾いた、この曲の最期のトライです。

私の無念と 涙と 怨みを込めた、呪いの演奏♪

映像の途中に怖い画像を冗談(本気かも)で挿入しておいたわ。

大画面でご視聴されると、祟りがあるやもしれませぬぞ(笑)

≫ 「アヴェ・マリア」 呪怨編 (⇒ YouTubeで視聴)

※ 音が小さいので聴きにくいです。

これからもっともっと練習して、上手になりたかったな。

私、欲ばりだから、弾いてみたい曲が山ほどあったのに・・・

すごく、 悔しい。

***** *** 2015.8.27 追記 *** *****

音量を大きくして編集しなおしてみしました。

≫ 「アヴェ・マリア/カッチーニ」(改良版 ⇒ YouTube)

こちらには 呪いの画像(笑) は入ってません。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

テーマ:  2014年 ピアノ喪失 ピアノ 動画 ピアノ写真