心を元気にしてくれる特効薬

4日間の帰省を終え、夫が帰宅した。

もちろん、手ぶらで・・・。

この人は 「お土産」 という言葉をご存じないようだ。

夫は毎年お盆と1月中旬の2回、2泊3日で実家へ戻る。

夏場は巨大な蜘蛛が家の中に出るので夫に留守にされては困るが、

虫のいない1月は夫がいてもいなくても、あまり関係ない。

なので昨年の暮れ、私は親切を装い、夫に提案してみた。

「今年はゆっくりご実家で年を越されたらいかがですか?」

「この時期は、虫も出ないし」

そう・・・、私にとって、夫の一番の役割は 「虫退治」(笑)

恐ろしい蜘蛛やムカデさえ出てこなければ、夫に用はない。

とにかく私は、夫から解放されたかった。

夫の帰省は、私がもんじと2人きりになれる唯一のチャンス♪

もんじと水入らずで、心静かに年を越したかった。

けれど夫は私の期待を裏切り、1月中旬の帰省を決行した。

いつもより1日だけ多い、たったの3泊4日で・・・。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

夫の帰省中、私は久しぶりに穏やかな気分で過ごし、

「夫の不在」 は、私に良い効果をもたらした。

夫を嫌悪する原因となった 「1026ゴクツブシ事件」 以来、

昼夜関係なく私は酒を手放すことができなくなっていて、

ついにアルコール依存症になったかと思っていたが、

夫が帰省中の昼間は一滴も呑まなくても平気でいられた。

毎日あれほど頻発していたタメ息も ピタッと治まり、

睡眠中さえイライラするほど毎日毎日イライラしてたのが、

夫がいない間、イライラを感じることは一度も無かった。

イライラしないと、心も体も気持ちが良いのね♪

こんな清々しい気分は、本当に久しぶりだわ♪

白い花

「夫がいない」 という、ただそれだけのことなのに、

あんなに不調だった心身がこんなに簡単に安定するなんて・・・。

精神薬を飲んでも、酒を呑んでも、ちっとも効かなかったのに。

「夫の不在」 が、私を元気にする特効薬だったのね。

けれど、特効薬の効果には、持続性はなかった。

夫が帰宅すると、またしても気分は絶不調~・・。

再び訪れた、酒と タメ息と イライラの日々。

憂鬱、絶望、無気力、不満、怒り、悲しみ、喪失感。

呼吸苦、疲労・倦怠感、腹痛、食欲不振、不整脈、睡眠障害。

様々な心身の不調を紛らわそうと、酒に手が伸びる。

アルコールで神経や思考を麻痺させるつもりが、

ヤケ酒的呑み方をすると逆効果で更に精神状態は悪くなる。

でも・・・ 呑まずにはいられなくて・・・。

心のよりどころだったピアノを亡くした今の私にとって、

もんじとお酒だけが、生きる糧(かて) だから・・・。

もんじ

ピアノが消えてからのわが家は、まるで火が消えたよう。

音楽も、話し声も、笑い声も、わが家からは 「音」 が消え、

この3ヶ月の間ずっと陰気な静けさが続いていた・・・が。

夫の帰省中、わが家は 「音」 を取り戻した♪

もんじと私は、いっぱいおしゃべりをし、久しぶりに笑った。

と言っても、もんじのセリフは私担当なので、私の一人芝居(笑)

でも、私が声を出して話すと、もんじもゴキゲンそうなの♪

私の足元で眠るもんじを撫でながら、歌も歌ったわ♪

もんじ

ピアノを亡くしてから、歌を歌う気になんてなれなかったのに、

もんじを撫でてたら自然と子守唄感覚で歌ってた♪

が・・・! 選曲に失敗したっっ ( ̄ロ ̄lll)

西田敏行氏のヒット曲 「もしもピアノが弾けたなら」

# だけど~~ ボクに~は ピア~ノが無い~~~#

今の私が歌うと切実すぎて、呪いの歌に聞こえる(泣)

でも、気づいたら無意識に口ずさんでたの・・・。

子供の頃に覚えた歌って、いつまでも忘れないから不思議。

ピアノ・・・ 弾きたいな。

だけど・・・ 私には、ピアノが無いの。

はぁ~

またひとつ・・・、タメ息ついちゃった。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

※ 音楽サイトうたまっぷさんにて全歌詞ご覧いただけます。

≫ うたまっぷ.com 「もしもピアノが弾けたなら」 歌詞

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

テーマ:  2015年 ピアノ喪失 もんじ写真 植物写真