怪談? 呪われた中古ピアノ

私のピアノ・・・今ごろ何処でどうしてるのかな?

正しくは 「私のものだったピアノ」 過去形だけど。

神様…お願い…私のピアノを連れていかないで・・・

悔しさと悲しみにむせび泣きながら弾いた最期の夜を想い出すわ。

買取業者に運び去られてから、3ヶ月。

中古ピアノとして、店頭に並んでるのかしら?

それとも、もう売れちゃったかな?

どんな指に弾かれて、どんな音を響かせてるんだろう・・・

何処かの幸せなご家庭で、幸せなクソガキが弾いてるのかな?

「○○ちゃん上手よぉ~ 才能あるわぁ~」 なんて、

パパ・ママ・ジジ・ババの温か~い愛情に、おだてられ。

そんな光景を想像すると、ちょっぴり泣きたくなる。

誕生日とかにプレゼントされて喜んじゃってるクソガキちゃん♪

それはね、「お祝い」じゃなくて「お呪い」なのよ~(笑)

私の涙と無念と怨念が染みついた、呪われたピアノ・・・

ピアノ

漆黒のボディに 呪怨 の血文字が浮き出ていませんか?

弦に共鳴して 女のすすり泣く声 が聞こえてきませんか?

不幸を招かぬうちに、お祓いしてもらうことをお勧めいたします。

なんて・・・冗談です。

綺麗でピカピカでコンディションの良いピアノだったから、

購入した人はラッキー♪めっけもんよ。

可愛がって、末永く大切にしてあげてください ( p_q)

*~***~* 関連バックナンバー *~***~*

≫ 「さよなら、そして最期のトライ」 ピアノと別れた日の話

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

テーマ:  2015年 ピアノ喪失 ピアノ写真