忘却の果てに・・・

何かを覚えるのは、努力すれば出来るけれど。

忘れるのは、案外、むずかしい。

覚えようとすれば、覚えられるけれど。

忘れようとして、忘れられるものでもない。

忘れたくても、忘れられない。

だから、人は、苦しむ。

だけど過去は、忘れ去りたい記憶ばかりでもなくて。

忘れたくない記憶・・・、忘れてはいけない記憶・・・。

時を経て色褪せ・・・、ぼんやりと霞んでしまっても・・・。

心のどこかで、ひっそりと息づいてる。

赤い月

嫌なことは早く忘れて・・・、と世の人々は言うけれど。

そんな簡単に、忘れられようはずもなく。

消したい記憶だけを、忘却できるのなら良いけれど。

そんな器用なこと、出来ようはずもなく。

いっそ何もかも忘れて、パッパラパーになれたらと。

本気で思わなくもない・・・ けれど。

何もかも忘れ去ってしまうのは、やっぱり寂しいから。

ならば、苦も楽も、すべての記憶と向き合うしかないのか。

生きている限り・・・ 今は。

そしていつか風化して、不純物が濾過(ろか)されて、

人生の最期に残るのは・・・、どんな記憶なんだろう・・・

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

大好きな曲、ピアソラの 「OBLIVION -忘却-」

めっちゃカッコいい チェロカルテットの演奏で・・・

♪ OBLIVION/Rastrelli Cello Quartett (YouTube)

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

テーマ:  2015年 動画 空の写真 ★自撰★