こんばんは★

最新記事

カテゴリー

年度別 & 月別

Thank you ⌒★

連絡先(メールフォーム)

お名前:
あなた様のメールアドレス:
件名:
本文:

ありがとうございます。
4~5日しても返信のメールが届かない場合は、お手数ですが再度ご連絡ください。

2015年05月08日  19時00分

空回りするモチベーション

のっぴきならない悪夢的事情でピアノを売却してから、

そろそろ半年になる。

ピアノを弾けない苦渋の時間は、重く、深く、長く。

このたった半年が、私にとっては何年にも感じられ・・・。

こうしてピアノとは無縁の空虚な時間を過ごしていても、

ピアノへの意欲は一向に萎(な)えてはくれない。

それがとても辛いところで・・・。

肝心のピアノを持っていないのに滑稽な話ではあるけれど、

弾きたい曲が今も現在進行形で増えつづけていたりする。

でも、もしか、いつか再びピアノを弾ける日が来たとしたら、

最初に練習する曲は、心に決めてある。

大好きなベートーヴェンのピアノソナタ 「悲愴」 第二楽章。

楽譜

半年前、ピアノを売却する直前に練習を始めた曲。

まだカッチーニのアヴェマリアを猛練習中だったので、

本腰は入れていなかったのだけど・・・、

次に取り組むつもりでボチボチ弾き始めていた。

もんじ(私の愛兎)も、この曲が好きだったらしくて、

この曲を弾きだすと、耳をピクリとさせ、目をウットリ細め、

「この曲ええなぁ~ めっちゃすっきやでぇ~」

と、幸せそうな表情で心地よさそに聴いてくれてた。

満足げに 「悲愴」 に耳を傾けるもんじの穏やかな顔が、

目と心に焼き付いて、今も忘れられない・・・。

そんなもんじの穏やかな顔を見て、私は思った。

いつか、もんじとお別れする時は、この曲で送ってあげたい。

ありがとうと愛を、いっぱいいっぱいいっぱい込めて。

だけど、今はまだピアノ奪還のめどさえ立っていないし、

もんじの高齢を考えると、それは叶いそうにないから・・・。

もしか、いつか再びピアノを弾ける日が来たとしたら、

もんじに届くように、もんじを想って、この曲を弾きたい。

*** ピアノ売却当日、恨めしそうな顔の もんじ ***
もんじ

ピアノを失って以来、音楽を聴いても素直に楽しめず、

「音楽」 ではなく 「音が苦」 になりつつあり・・・。

音楽を聴くとピアノを弾きたくなるので、精神衛生上良くない。

なのに、よせばいいのに、

毎日ヘビーローテーションで「悲愴」を聴いてるバカな私。

そして・・・苦しんで自滅している。

以前は好きな第二楽章だけをリピートして聴いていたのだけど、

三楽章通して聴くようになって、ますますこの曲が好きになった。

そして、いつか全楽章弾けるようになりたい・・・という、

無謀な野望がフツフツと湧いてきた。

再び弾ける日が来るか来ないかも知れないピアノ。

なのに、なんで、意欲やら野望やら次から次に湧いてくるの?

無駄で無意味な自虐度満点のモチベーション。

ピアノ

私には訪ねたい場所(弾きたい曲)が山ほどある。

車を走らせるだけの動力(ピアノへの意欲)は十分ある。

バッテリー(弾きたい気持ち)はビンビンにMAX。

目的地へ向かうための地図(楽譜)もいっぱい用意してある。

だけど困ったことに・・・、肝心の車(ピアノ)が無いよ。

ころがす車が無いのにエンジン(モチベーション)だけが空回り。

なんだか・・・、もったいないな・・・。

今は空回りするモチベーションを持て余して苦しいけれど、

それよりももっと私にとって虚しくて寂しくて悲しいのは、

いつしかピアノを忘れ、ピアノへの想いが萎えてしまうこと。

その時が来るのが不安で、とても・・・怖い。

ピアノに萎える日が早いか、ピアノを買える日が早いか。

もしか、いつか再びピアノを弾ける日が来るころには、

楽譜のオタマジャクシがカエルになって大合唱してるかも。

けろっけろっ♪ ぐぁっぐぁっ♪

カエルになる前に、買えるといいな・・・

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

<< ただし、日本限定 | ホーム | 夢なら良いのに・・・ >>


 BLOG TOP