こんばんは★

最新記事

カテゴリー

年度別 & 月別

Thank you ⌒☆

連絡先(メールフォーム)

お名前:
あなた様のメールアドレス:
件名:
本文:

ありがとうございます。
1週間ほどしても返信メールが届かない場合は、お手数ですが再度ご連絡ください。

2015年06月19日  03時30分

最後の悲しみ

16日の午後、もんじが骨になった。

私が自らの手で点火した炎で、もんじは骨になった。

近い将来、必ずこの日が来るのだと覚悟はしていたけれど、

まさか、それが、今来るとは・・・。

あんなにも若々しくて、あんなにも元気だったもんじ・・・。

こんなにも早く、こんなにも突然、別れが来るなんて・・・。

骨壺

神様は、なんでこんなに私に意地悪をするのか。

このたった半年余りの短い期間で私は、

夫への信頼を失い、将来を失い、大切なピアノを失い、

そして、たったひとりの家族だった最愛のもんじを失った。

今の私にはもう、何も失うものは無い。

神様は、次は何を私から奪うおつもりか。

私の目か?耳か?声か?手足か?それとも私自身か?

そんなくだらないモノでいいなら、惜しみなく、くれてやるわ。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

愛しい もんじ・・・。

もんじは私のすべて・・・。 私の光だった。

もんじ

もんじを失って、私は完全に光を失った。

目を開けていても、もう何も見えない。

耳をすましても、もう何も聞こえない。

永遠に朝の来ない、夜の闇の中。

もんじ・・・

もんじ・・・、なんでひとりで逝ったん?

なんで私も一緒に連れてってくれへんかったん?

これから私はどうしたらいいん?

もんじ・・・ もんじ・・・

もんじ・・・

もんじ・・・

もんじ・・・

世の中に、これほどの悲しみがあったのか・・・。

この先、私の人生でこれ以上の悲しみは無いだろう。

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

2015年6月13日(土) 午前5時50分。

紋次郎と私が寄り添い生きた時間、10年7ヶ月13日。

朝も昼も夜も、どんなときも、ずっと一緒だったのに・・・。

もんじは私を残して、ひとりで逝った。

寂しがり屋で甘えん坊だった、もんじ。

もんじ・・・、ひとりで寂しくない?

私は寂しいよ・・・ もんじ・・・

もんじ・・・ もんじ・・・

もうこの世では会えなくても・・・

お願いやから・・・ 私のこと忘れんといてね・・・

もんじ・・・

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

愛しいもんじに捧げた、最期のピアノ。

録音じゃなくて、弾いて送ってあげたかったけど、

もうピアノが無いから・・・、録音でごめん・・・、もんじ。

≫≫ 「ノスタルジー」 (YouTube)

今まで、どんなに悲しい時も、もんじが傍にいてくれた。

だけど、今、こんなにも悲しくてたまらないのに、

この悲しみを癒してくれるもんじは、もういない・・・

関連記事

<< 空蝉(ぬけがら) | ホーム | たまに巻き髪風♪なクセ毛 >>


 BLOG TOP