夢は見ないと叶わないから

妻という名の 居候(いそうろう) である私に、

この家の中で縄張りを主張する権利は無いけれど、

他人に踏み込まれたくない大切な部屋があります。

家主(夫)に向かって「入室ご遠慮ください」とは

居候の立場上 "言えない" ので、

入りにく~い雰囲気をつくり 無言で侵入を阻止。

ピアノ部屋の扉に目には見えない心の鍵をかけ、

ピアノと私だけの幸せの空間を守っています。

南京錠

その鍵が壊れてしまうのが、ピアノの調律の日。

もちろん調律師さんを部屋にお招きするわけですが、

ここぞとばかりに便乗して平然と入室する家主。

なんで入ってくんのよ (-_-X)

なんて…言えませんから、言いませんけど。

いろいろと、わたし的に許せない事情があり・・・

あの日から、この部屋で、もんじとふたり、

いっぱい泣いて、いっぱい悩んで、いっぱい迷って、

やっとの思いで手にした新しいピアノとの幸せだから、

できるだけ あの人には関わってほしくない。

なのに・・・

当たり前のような顔をして ピアノと私の傍に居座り、

ぬけぬけと調律師さんと会話する家主を見てると、

なんとなく・・・おもしろくありません。

そもそも、ピアノにも調律にも興味なんて無いのに、

家主が終始同席している理由が わからない。

もしかして、見張られてる?(笑)

私が余計な おしゃべりをしないように (^-^;

まだまだ書いて捨てたい憂さは多々あれど・・・

居候の身ですので、八分目くらいに抑えとこうかな。

もんじの声 ★こんだけ書いたら十分ですやろ★

言いたい放題(笑) やや態度のデカい居候です。

もんじの声 ★家追い出されたらどないしまんねん★

もんじの声 ★また ピアノとサヨナラでっせ★

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

薄暗くて、湿っぽくて、カビ臭くて、虫だらけ。

そんな恐ろしい家の中で唯一、快適に過ごせる部屋。

大好きなピアノの匂いと、精油の優しい香り。

この部屋で寝られたら、ぐっすり眠れそう、、、

6畳ほどの部屋だからピアノしか置けないけれど、

もう少し広かったらベッド置いて生活空間にしたい。

けっこう貧乏な家で育ったので、窮屈なのは平気。

6畳のアパートで家族4人で食事して寝てた(笑)

そんな少女の夢が叶い、6畳間でピアノと暮らす今。

どうかこのまま、夢から覚めませんように、、、

もんじ

憧れは、10畳ほどの 防音防虫ワンルーム。

ピアノと、ソファと、ベッドがあって。

隣室に小さなキッチン、お風呂と温水暖房付トイレ。

そんな夢のような住まいで一人で暮らせたら、、、

めっちゃ幸せやろなぁ~~~ (//∇//)

欲張りオバサンの夢は尽きることがありません。

夢は叶えば嬉しいけれど、見てるだけでも楽しい♪

それにね、夢は…見ないと叶わないから(笑)

いつまでも、いろんな夢を見ていたいな、、、

※居候 = 他人の家に住み食べさせてもらってる人

※精油 = 植物から留出したエッセンシャルオイル

・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.♪⌒・。.

関連記事

テーマ:  2016年 ピアノ 調律 ピアノ喪失 雑貨写真